インターネットでWi-Fiの接続方法による各種メリット、デメリット

Wi-Fiとは?

まずWi-Fiとはですが、簡単に言ってしまえば対応した機器をワイヤレスでネットワークに接続する方法の名称です。無線LANとの違いといいますか、違うというよりも無線LANの内の一種と考えて下さい。
食べ物で例えると、パスタとスパゲティの関係みたいなものですね。パスタの中のスパゲティなので、同じように考えた場合、無線LANの中のWi-Fiです。

最近では、カフェや公共の場などの日々の生活の中で無線LANを利用した場合ですが、ほとんどがWi-Fiの規格を採用しています。そのためか無線LAN=Wi-Fiと認識する人が多いのではないでしょうか?
というよりも、Wi-Fiは世界標準規格でもあるので、ほぼ無線LAN=Wi-Fiと思っていても、それほど問題ではないですが、IT関連の仕事をしている人は、勉強しておきましょう。それくらいで、問題ないでしょう。

Wi-Fiに接続する方法

Wi-Fiに接続するには大きく3つの方法があります。

1.自宅でインターネット回線を利用する方法(契約している場合のみ)

「フレッツ光」が有名ですね。「光回線」(光回線とは、光ファイバーケーブルでレーザー光を送受信することでデータの伝送を行う通信回線のこと。)といって現代は自宅でインターネットをする場合の主流となっています。
既に契約済みだという人は、通信会社からレンタルするか、ルーターを用意するかしていると思います。まだの人は、ルーターを用意する事で、回線を利用して、Wi-Fiに接続する事ができます。

2.モバイルルーターを利用する

モバイルルーターとは持ち運びができる通信端末です。「ポケットWi-Fi」とか言われていますが、同じくモバイルルーターの一種です。このモバイルルーター自体がアクセスポイントとなるので、Wi-Fiを持ち歩いているようなものなので、回線さえ繋がれば対応機器をどこからでもインターネットに接続する事ができます。
もちろん、使用するための手続きが必要ですし、通信会社に月額使用料を支払う必要があります。ルーターは通信会社からレンタルしたり、対応した端末を購入する必要があります。

3.街中の公衆の無線LANを利用する

近頃はいたるところで、街中で利用できる公衆無線LANが増えてきました。Wi-Fiスポットと言った方がわかりやすいですかね。コンビニエンスストア、飲食店や駅が多いですね。「フリーWi-Fi使えます」といった表記に見覚えがある方も多いのではないでしょうか?
使用方法は、ログインが必要な場合であったり、パスワードが必要な場合、接続方法の案内も目印と一緒にされている事が殆どです。結構簡単に接続する事が出来るので、案内に従って接続してみましょう。

Wi-Fi接続時のメリットとデメリット

速度・・・固定回線⇒モバイルルーター⇒公衆無線LAN
モバイルルーターは固定回線の接続速度の約半分の速度になります。そして、公衆無線LANだと更にその半分になります。固定回線だとダウンロードに10秒かかるのが、モバイルルーターだと20秒、公衆無線LANだと40秒という計算になります。

セキュリティ・・・固定回線⇒モバイルルーター⇒公衆無線LAN
固定回線もモバイルルーターもそれほど、セキュリティに関しては変わりありません。どちらも自分専用であることに変わりはないからですが、公衆無線LANは不特定多数の他人が使用します。公衆無線LANを利用する時はログインやパスワード入力が必要ないサイトを閲覧するようにしましょう。

料金・・・公衆無線LAN⇒モバイルルーター⇒固定回線
公衆無線LANは基本的に利用する事は無料です。モバイルルーターと固定回線も大きく使用料金に差があるわけではありません。

特徴・・・固定回線は回線が他の二つに比べて早いです。
モバイルルーターはどこでも使えます。
公衆無線LANは無料で利用する事ができます。

それぞれの、メリット・デメリットです。

固定回線でWi-Fiに接続するメリット・デメリット

メリット

通信制限が無い。スマートフォンで接続した場合、容量の節約になる。他の方法に比べて接続が速い。

デメリット

自宅のインターネット回線の月額使用料がかかる。自宅にインターネット回線が無い場合、契約や工事をする必要がある。パソコンで使用する場合は有線接続よりも通信が少し遅かったり、不安定な時がある。基本的に持ち運びが出来ない。

固定回線という名前で想像できますが、持ち運びが出来ません。ですが、メリットを考えると小さなことです。自宅での固定回線は基本的には通信制限がありません。ですから、スマートフォンの通信制限を気にしなくても良いのは魅力的ですね。

モバイルルーターでWi-Fiに接続するメリット・デメリット

メリット

エリア内であれば、どこでも持ち歩いてWi-Fiを使用できる。Wi-Fiに対応した機器を複数接続する事が出来る。工事が不要

デメリット

対応エリアでしか使えない。通信制限がある事が多い。携帯電話と同じで、バッテリー残量に気を付けなくてはならない。

モバイルルーターを持ち歩けば、対象エリア内ではどこでも使用できる点は非常に魅力的です。つまり、外出先でタブレット端末やノートパソコンをインターネット接続する事が出来ます。複数の端末を持ち歩いている方には必需品です。
デメリットとまではいきませんが、対象のエリア内なのか利用する前にしっかりと確認する事が重要です。

公衆無線LANでWi-Fiに接続するメリット・デメリット

メリット

無料で一般開放されている場合が多い。ルーターを自分で用意する必要がない。

デメリット

セキュリティが不安。通信速度が遅い。接続する時間に制限が欠けられている事がある。/div>

飲食店などでよく見かますね。有料のWi-Fiスポットなんかもありますが、基本的に無料の場合が多く、「ちょこっとWi-Fiを使いたいなー」と思った時に便利です。
気を付けないといけない事は、場所にもよりますけれど、情報収集に利用されている場合があるので、公衆無線LANを利用する場合は、提供元がハッキリしていて、なおかつ信頼できる公衆無線LANを利用するようにしましょう。

最後に

接続方法によって、違うメリットとデメリットがあります。使いこなせば、生活が便利になります。ご自身の生活に合わせて選ぶようにしてください。

個人の意見として

通信制限がなく、月額使用料がそれほど高くないモバイルルーターが僕的には一番良いかな?と思います。やはり、固定回線とは違うので、通信速度では劣ります。
メリットとデメリットはどの方法でもあります。
いいとこどりではありませんが、通信制限がないというモバイルルーターは、多くはありません。




お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

料金の支払いはいつから?

登録事務手数料や機器購入費などの一時金は、So-net から「サービス開始日のご連絡」メールが送信された月に課金され、月額料金は「サービス開始日のご連絡」のメールに記載されているサービス開始日を含む月の翌月より課金されます。

どれくらいで届くの?

最短でお申し込みの翌日に発送いたします(お届け目安:お申し込みから2~3日程度)。対応機器を発送手配後、So-netより「対応機器の発送に関するご連絡」メールをお送りします。届いたその日からすぐにご利用いただけます。お申し込みいただいた機器をお受け取りになった日 (ご本人様以外の方や、宅配BOXでのお受け取りも含みます) がサービス開始日です。

端末が故障したらどうしよう?

端末には1年間のメーカー保証がついています。加えて、So-netなら、いつでも最新端末へ変更できる「機種変更 WiMAX2+→ WiMAX2+ (UQコミュニケーションズ社提供」もご利用いただけます。こちらは2年10カ月目以降、0円~交換が可能です。また、端末保証の他、様々な保証が受けられる「So-net くらしのお守り ワイド」もお薦めしております。WiMAX 2+と同時申込なら最大12カ月無料です。

詳しくはサイトをご覧ください。

投稿日:

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.