5Gで訪れる未来

最近は4Gから5Gに変わることを携帯電話の会社とか猛アピールしていますが、結局どう変わるのでしょうか?

5Gとは結局何か?

5Gとは「5th Generation」略した言葉で、意味としては「第5世代・移動通信システム」ということです。つまりは通信速度や規格が進化する事に加えて、3G⇒4Gの時に比べて飛躍的に様々な事が良い意味で影響されるので、実感しやすいのではないでしょうか?

開始する時期は?

待ちきれないのはわかりますが、開始する時期は、はっきりと決まっていません。一般的には2020年の春くらいではないかと言われていますが、1つの携帯電話会社が5Gを導入すると、他社も真似するでしょう。極秘に導入を進めている可能性もあり得ます。前倒しで導入する可能性が高いです。

ちなみに携帯電話大手3キャリアは5Gを導入する予定です。値上げに関してはわかりませんが、5Gの特別プランや5G対応のスマートフォンは少し値段が高いかもしれませんね。

4Gと5Gってどう違うの?

4Gと5Gってどう違うんでしょう。
・通信速度が圧倒的に速くなる
・同時接続数がふえる
・遅延が少なくなる
こんな感じになるのですが、現在の4Gでも満足していると思います。ですから、具体的な事を話します。

通信速度が圧倒的とは言いましたが、実際にどれくらい早いのか?

4Gでの通信速度は100Mbps~1Gbpsです。これが5Gとなると、最大値が100Gbpsとなり「最大で100倍以上」の速度となります。単純に1分かかるデータ通信も、0.6秒で終わる事になります。
データ容量にもよりますが、長い時間待つことが少なくなります。

同時接続が増えるとは?

スマートフォン、パソコン、ゲーム、とこれだけではなく、ワイヤレスで通信を利用する機器が増えていきます。4Gや3Gでは対応する事が出来ない機器でも、5Gでは接続可能となります。

遅延がすくなくなるとは?

4Gでは10msの遅延がありますが、5Gになるとそれが1msに改善されます。遅延が少なくなる事でリアルタイムにより近い速度でのデータのやり取りが可能となります。ロボットの遠隔操作なども遅延が少ない方が有用性が高まります。

つまりは5Gは4Gよりも圧倒的に優れている。ファミコンとスーパーファミコンくらい違います。実際に起こる未来について簡単に説明します。

ダウンロードに時間が掛かるという概念がなくなります。つまりは、ダウンロードそのものがなくなり、デバイスの記憶域が減らずに大容量データを取り扱えるようになります。

5Gが普及すれば乗用車の自動運転やドローンの自動運転、医療技術、ロボット、高度なAIなどの技術が更に進化していきます。確実に人間の仕事は取られますが、利用する側にとってはイラっとする事がすくなくなります。ミスが無くなりますからね。通信速度が高速化され、遅延の軽減、同時接続が増えることで、無線でも有線のような事ができるようになります。

更に5Gが普及すれば、データのトラフィック総量(ネットワークを流れる情報のこと、または、その情報量のことをいいます。)情報の共有なども今よりも加速するでしょう。各家庭に固定電話が当たり前だった時代から、時は流れ個人が携帯電話を持ち、やがてスマートフォンやタブレットを使いこなしています。少し前には考えられませんでしたが、技術が進歩する事で進化してきました。5Gが普及する事で、未来では今のスマートフォンでは考えられないような、アプリケーションが誕生して、それが当たり前となっていくのでしょう。いつか、スマートフォンが古いデバイスになっているかもしれません。

まとめ

5Gが普及する事で、通信速度のアップ、遅延の低減など体幹的な部分も含めて、不可能と思われていたことが可能となる未来が訪れるでしょう。想像が追い付かない世界がやって来ます。

昔は、未来の技術だったことが今では当たり前になったように、未来では当たり前な技術が少しずつ近づいています。固定電話⇒携帯電話⇒TV電話⇒無料通話アプリと通話だけでも時代と共に便利に変化してきました。5Gに限らずとも目に見えていないだけで、変化は当たり前のように起こっています。遠い未来の技術だと思っていた5Gが当たり前の未来が楽しみですね。いつか、今は凄いと思う技術が、過去の古臭い技術へとかわっていくのでしょう。それが時代というものですからね。

音楽を聴くならうたパス!月額300円で聴き放題


今の時代はストリーミングして、気に入ったらダウンロードする。新しい音楽の聴き方です。CDを買うよりもかなり経済的です。

2020年春頃にサービスを開始しますが、最初は既存の4Gの設備を上手く利用しながらネットワークは運用されますから、5Gで実現する低遅延や同時多接続の通信が目指す形での導入となるのは、まだまだ数年間の時間が必要とされていますが、確実に未来の技術へと近づいています。

現在の4Gでの通信網

現在は4G・LTEが広く普及しています。3G時代と比べるとデータの親和性が高まっていて、情報通信の中核を担っています。

自分のような一般ユーザー

僕も含めて、一般的なユーザーが5Gの恩恵を感じる事が出来るのは、スマートフォンからでしょう。5Gを利用するためには、5Gに対応したチップとモデムを利用する事になります。海外メーカーはいくつか既に発売していますし、国内メーカーも大容量通信を見据えたプランの選択肢が増えています。

5Gのサービス開始時

サービス開始時はLTEの基地局と連携するNSA構成でうんようされます。基地局の切り替えに対応するために現在(2019年9月28日)と同じ4Gコアネットワークを利用します。

5Gが本領発揮した時に、新しい産業革命が起こる。

5Gネットワークが増えていく事で、5Gに期待されている、低遅延・多接続の世界が実現します。あらゆる作業車等が自動運転になり、あらゆる分野でネットワークを駆使したユースケースも次第に広がっていきます。

5Gの未来

5Gが本格的に普及する頃には、機器に応じた通信特性を提供します。「ネットワークスライジング」などに対応した5Gコアネットワークに接続され、5Gらしいサービスが本格的に始まります。

更新日:

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.