昭和生まれのオッサンです。主内容としては音楽(邦楽ロック)に関する事を中心とした記事になっています。

じゅ~く、ぼっくす

学力より資格の方が評価が高い

【無料資料請求】PBアカデミー
自分で教室を開いたり、インターネットで商売をするのもありです。

音楽

ポルカドットスティングレイの「新世紀」

更新日:

ポルカドットスティングレイの「新世紀」というミニアルバムをダウンロードして聴きました。YouTubeとかで4曲全てではありませんが聴くことができます。

ポルカドットスティングレイ「新世紀」トレーラー(YouTubeより)

全体的な感想としては4曲全てが全く違うタイプの曲だなぁ。という感想です。

毎回の事ですが、曲のイメージにおけるバリエーションが広くて、それがポルカドットスティングレイというロックバンドの良さと言うか、持ち味と言うか、人に勧める理由の一つですが、今作も期待を裏切らないミニアルバムです。

ポルカドットスティングレイのほぼすべての曲に共通してギターが強調されています。1曲目の「SQUEEZE」という曲も例外ではありませんが、一番びっくりなのは、ヴォーカルの雫さんが披露するラップです。

ラップと言うのは音程の起伏というものがありませんので、メロディーのキャッチ―さが際立ちます。

今までのイメージを一新したような曲です。

2曲目は「「sp813」という楽曲で、ロックバンドという名前の通りの曲です。ギターの存在感がじわじわと出てきて、踊る事をイメージするような展開にもっていかれます。

展開が面白いと言うか、1曲目とのギャップが良い感じの曲です。

3曲目は「トゲめくスピカ」という、これまた前の2曲とは違う、ミドルテンポの穏やかなナンバーです。

曲を聴いて思うのは、ヴォーカルの雫さんの歌唱力と表現力です。とは言っても、わりと最初からレベルの高いバンドでした。ただ、やはりデビューした時期は経験不足というか、技術は高くても経験が少ないバンドでした。

ですが、ポルカドットスティングレイは今年で結成5年目です。ボーっとしてたわけでは無くて、ライブをしたり、曲をリリースしたり、人として成長するようなことがあったりと、それぞれの人に深みが出たのでしょう。

一つ一つの言葉に対する感情が、以前よりも研ぎ澄まされていると言うのでしょうか、やはり駆け出しのポルカドットスティングレイのヴォーカルと今のポルカドットスティングレイのヴォーカルでは全く違う感があります。

4曲目は「女神」という曲でスピード感がある曲ですが、これぞポルカドットスティングレイの曲といった感じです。勝手な思い込みでひとそれぞれ違うでしょうけど。曲の持つ独特の世界観がそこにあるかのようです。

すべてにおいてバンドとしての表現力が昔に比べて全然違いますね。

早い話がこのミニアルバム、めっちゃ気に入ってます。携帯にイヤホンをつけて聴いています。いきなりラップが入るので意表を突かれますが、ポルカドットスティングレイが5年の道のりを歩んだ深みと重みがこのアルバムには詰まっています。

今作はロックバンドという名前がぴったりの楽曲で構成されていました。

このミニアルバムでポルカドットスティングレイの凄さが伝わってくると思います。

-音楽
-,

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.