マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

WANDSの第5期が始動するけれど。

音楽

WANDSを知らない人でも、僕たち世代の人は「スラムダンク」のエンディングテーマを歌っていたバンドって言えばだいたいわかってくれます。
他にもエンディングテーマはあるんですが、スラムダンクのイメージが強いのか、紹介される時は毎回「世界が終わるまでは」でした。

YouTubeより
世界が終わるまでは/WANDS

WANDS – Sekai ga Owaru Made wa Slam Dunk AMV

ヴォーカルの上杉昇さんの歌唱力があればこそのWANDSだと思っていました。

YouTubeより
明日もし君が壊れても/WANDS

WANDS 明日もし君が壊れても

これカラオケで歌うと、めっちゃ苦しいです。上杉昇さんの圧倒的ともいえる歌唱力が本領を発揮しています。

上杉昇さんはこんな人です(ウィキペディアより)

埼玉県川越市出身。1983年(11歳)、神奈川県横須賀市に移住。

中学生の頃、GUNS N’ ROSESのビデオを観て音楽の道に進むことを決意。高校生の時にバンドを結成し、ボーカルとして町田市や横浜市などでライヴ活動をする。

このバンドを続けていきたかったが、メンバーが就職や家庭の問題で活動を続けることができなくなり一人取り残されることとなる。

その後はレッスンに行ったり雑誌のメンバー募集に応募したりしていた。日本のバンドではLOUDNESSに憧れていたため、当時LOUDNESSが所属し後に自らも所属することとなるビーイングの音楽スクールに通い始める。

BEING音楽振興会でのオーディションでも上位となり、主催者の音楽プロデューサー長戸大幸の目に止まり、アレンジャー・作曲家の大島康祐と同振興会主催のオーディション出身の柴崎浩と出会い、WANDSを結成する。

1991年〜1996年

WANDSのボーカルとしてビーイングに所属し、シングル11枚、オリジナルアルバム4枚をリリース。

1995年、ロック・グランジ・オルタナティブという自身の音楽性を、ダイレクトに表現するようになっていく。それにより、WANDSのデジタルポップ路線を望む会社側との間に食い違いが生じ始め、1996年にグループ活動停止し、1997年初頭、柴崎浩と共にWANDSを脱退。

1997年11月

柴崎浩とのユニットal.ni.coを結成。 1998年3月、シングル「TOY$!」でデビューし、以降シングル計3枚・アルバム1枚をリリースした。2001年、ツアー終了とともにal.ni.co解散。 自身のレーベルpojjo récord(ポジョ・レコル)を設立し、ソロ活動を開始。 al.ni.co以降、それまで行っていた作詞と共に、ほぼ全曲の作曲を手がけるようになる。内省的な歌詞・ラついたギターサウンドを追求し、ライブ重視のサウンドへと移行。

2005年

PATA(X JAPAN)とのコラボシングルをリリース。

2006年

「寂しさは秋の色」(WANDS)や「TOY$!」(al.ni.co)などの楽曲をセルフカバーし収録したデビュー15周年記念アルバム『SPOILS』をリリース。

2007年

バンド猫騙を結成し、ライブ活動をスタートする。

2009年

自身のレーベルアーティスト、JAZZNEKOのアルバムをプロデュース。 12月4日、自身主催のライブイベント『Ja-palooza09』よりソロ活動を再開。

2012年8月26日に行われたアニメソングのライブイベント『Animelo Summer Live 2012』では、シークレットゲストとして参加した上杉と織田哲郎が2人でWANDS時代の楽曲「世界が終るまでは…」を歌唱した。この際の名義は、”織田哲郎&上杉昇”であった。

2017年

地元の横須賀市を舞台とした映画「スカブロ」で進藤組組長の役として映画初出演。

現在は、年に数回定期的に都内を中心に猫騙と自身のソロライブの活動を中心にしている。ソロライブでは、自身のソロ曲、邦楽と洋楽のカバー曲、al.ni.co時代の曲、WANDS時代の曲を歌唱している。

第5期WANDS teaser movie

第5期WANDS teaser movie

声が上杉昇さんにそっくりですね。ヴォーカルが変わる事により、今までの楽曲はもう一度、収録しなおすのでしょうか?まだ、何とも言えませんが、今後の動きにも注目していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました