音楽

「BLEACH(ブリーチ)」のアニメにタイアップされた曲 ・放送された内容の約半分を紹介します。・後半

更新日:

僕が好きなアニメ「ブリーチ」にタイアップされた曲の紹介その後半です。(動画はyYouTubeより)

第144話~第167話OP「アフターダーク」

この「アフターダーク」は「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が出すシングルとしては1年ぶりのリリースとなりました。実力のあるアーティストの証明でしょうか、久しぶりの新曲をリリースしたにもかかわらず、オリコン6位を獲得しました。

第144話~第154話ED「種をまく日々」

この「種をまく日々」の歌手、「中孝介」さんは奄美大島出身の唄者でもあり、「地上で最も優しい歌声」「楽器のような声」と評価されています。アニメのEDとしてはピッタリの歌声です。

第155話~第167話ED「感謝。」

このアニメ「BLEACH」第14弾ED主題歌「感謝。」のアーティスト、「RSP」は女性HIPHOP・R&Bダンスボーカルユニットです。

第168話~第189話OP「CHU-BURA」

この「CHU-BURA」のシングルCDのカップリング曲「Boy’s Don’t Cry」も、PSPゲームソフト「BLEACH 〜ソウル・カーニバル〜」のテーマソングとして使用されました。「トータルテンボス」がCMキャラクターを務めるCMも放送されていました。

第168話~第179話ED「オレンジ」

POPな曲調でありながらも切ない歌詞が、「BLEACH」の物語を思い出して泣けてくる曲です。BLEACHへの思い入れが強い人ほど胸に突き刺さる内容です。

第180話~第189話ED「ギャロップ」

この「ギャロップ」のアーティスト・「pe’zmoku」はもとはそれぞれに活動していた、ジャズバンド「PE’Z」とフォークシンガー「suzumoku」による合同ユニットです。

第190話~第214話OP「Velonica」

劇場版「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」主題歌「千の夜をこえて」、第121話~第143話OP「ALONES」に続いて3度目となるタイアップです。もはや「BLEACH」の曲といえば「Aqua Timez」といっても過言ではありません。とくにこの曲の2番とか、このアニメをイメージして曲を作ったようにしか感じません。

第190話~第201話ED「ヒトヒラのハナビラ」

ステレオポニーは2007~2012年の間に活動していたガールズロックバンドで、「BLEACH」の主題歌としてタイアップされた「ヒトヒラのハナビラ」がデビューシングルでした。

第202話~第214話ED「Sky chord 〜大人になる君へ〜」

この曲のアーティスト、「辻詩音」さんは女性シンガーソングライターで、ギターの弾き語りスタイルで活動されています。卒業ソングとしても人気が高くてこちらを卒業式で歌う学校がありましたが、今はどうでしょう。

現在「U-NEXT
」で無料配信しているのは以上の曲までです。(2019年11月9日)この後の曲はまだ配信していませんが、この後の曲も名曲ぞろいです。

「BLEACH」の物語に見事にマッチした歌詞と、耳と記憶に残る曲調。アニメ「BLEACH」のOP・ED曲にハズレ無しと言っても過言ではありません!劇場版のテーマ曲も名曲ぞろいです。アニメ「BLEACH」の主題歌を聴きながら、もう一度「BLEACH」の物語を振り返ってみてはいかがでしょうか?

アニメ観るなら<U-NEXT>

U-NEXTで観た映画などの感想です。


-音楽
-

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.