音楽

【Ashmaze】の「錯覚」というインディーズ最初のミニアルバム

更新日:

聴きやすい曲が多い事と、インディーズの最初のアルバムだという事もビックリな点です。表題曲「カゲロウの錯覚」は激しいラウドなサウンドに、「双真さん」の魂のこもった歌声が印象的な楽曲。
その他の楽曲も重心は重たくも、メロディアスな楽曲が多数収録されております。しかも、メジャーバンドでもないのに、ダウンロードして聴くことが出来ました。「カゲロウの錯覚」はストリーミングできるのは知っていました。しかし、アルバムがダウンロードできるのは知りませんでした。

もう一度メンバー構成です。

メンバー

Vocal … 双真(ソウマ)
→ IGGYI(創真) → Ashmaze.(双真)

Guitar … 諒(リョウ)
→ C”LOW”N → BLESSCODE → Ashmaze.

Guitar … 詩結(シユウ)
→ VETIQUE → Ashmaze.

Bass … Яyu(リュウ)
→ VOID → TweiT → Far East Dizain → Ashmaze.

Drums … S1TK(サイタク)
→ TRUST(龍-higiri-) → ラッコ(higiri) → Ashmaze.(S1TK)

結成して間もないバンドで、僕はこういった結成して間もなかったりするバンドの勢いと言うか、若さゆえの気合と言うかが、好きです。バンドとしてのキャリアは短いのですが個々のキャリアはそれなりだと思います。是非、メジャーの世界にきて、次の世代のヴィジュアル系を引っ張って欲しいです。

錯覚 [ Ashmaze. ]
「収録曲」

1.カゲロウの錯覚
2.ラベル
3.羨望
4.欺瞞
5.シャボン玉

一度目と二度目に聴いた時のそれぞれの曲に感じるイメージが変わります。曲調は斬新と言うか、のめり込むような音が聴けますが、歌詞は駆け出しのバンドといった感じでした。特に変わった言葉選びをしている訳ではありませんが、5曲全てを通して新しい世界観を表現しています。

それでもこのアルバムで何を表現したいのか?そこら辺が良くわかりませんでしたが、統一性はあります。

-音楽
-, ,

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.