昭和生まれのオッサンです。主内容としては音楽(邦楽ロック)に関する事を中心とした記事になっています。

じゅ~く、ぼっくす

学力より資格の方が評価が高い

【無料資料請求】PBアカデミー
自分で教室を開いたり、インターネットで商売をするのもありです。

音楽

ロングヒットしている米津玄師『Lemon』

更新日:

発売されてから何か月も、ダウンロードやカラオケのチャートにランクインしています。「凄いなぁ~」と軽い気持ちで調べたら、結構いろいろとあるみたいです。

(以下はウィキペディアだったり、自分の考えだったり)

前作「ピースサイン」以来約9か月ぶりのシングルである。4thアルバム『BOOTLEG』の発売以降、また2018年の第1弾シングルである。
表題曲の「Lemon」はTBSテレビドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた。米津にとってドラマ主題歌を担当するのは初である。
初回限定盤の2種類(Lemon盤・DVD盤)と通常盤の合計3形態がリリースされた。通常盤はCDのみ。Lemon盤にはレターセット、DVD盤にはMVとライブ映像を収録したDVDがそれぞれ特典として付属する[2]。全形態の初回盤には、共通して特典として10月27日・28日に幕張メッセにて開催される「米津玄師 2018 LIVE / Flamingo」のチケットの最速先行抽選応募券が封入された。

以前から、人気のある人でしたが、ピースサインをアニメのオープニングで聴いて、好きになりました。入りやすい歌詞と、飽きずに聴けるメロディーが理由です。

リリースまで

2017年12月14日、ワンマンライブツアー「米津玄師 2017 TOUR / Fogbound」の神奈川県パシフィコ横浜国立大ホールでの公演内において、TBSテレビドラマ『アンナチュラル』への楽曲提供、また楽曲を制作中であることを公表した[3]。同月の12月29日に、表題曲のレコーディングを終えた旨が米津のTwitterアカウントに投稿された。

翌年1月12日。日付変更とほぼ同時に新たなビジュアルを公開。同日22時から放送された第1話エンディングにて初めてオンエアされた。放送後、同楽曲に対してドラマで主演を務める石原さとみと、脚本を担当する野木亜紀子からコメントが寄せられた。

同月19日、ドラマ第2話放送後、3月14日にシングルリリースされることが告知され、同時にジャケットワークが公開された。過去作品と同様に米津のイラストが使用されており、枝から垂直に生ったレモンの果実が描かれている。

ミュージックビデオ

2018年2月27日午前8時に、YouTubeにて「Lemon」のミュージックビデオが公開された。水曜日のカンパネラ、サカナクションなどのミュージックビデオを手がけた山田智和が監督を務め、カメラマンの今村圭佑が撮影し、映像作家・ダンサーの吉開菜央が出演した。「Lemon」が主題歌として提供された『アンナチュラル』は、人の死を扱う法医解剖医を主題としており、ミュージックビデオはそれに合わせたレクイエム(死者に捧げるミサ曲)をモチーフに教会で撮影された。

ミュージックビデオは公開されてから約13時間で100万再生、6日間で1000万再生を記録し、いずれも米津のビデオでは歴代最速記録を更新した。6月11日には1億再生を記録した。米津玄師の楽曲のミュージックビデオの再生数が1億回を突破したのは「アイネクライネ」に次いで2度目、DAOKOとのコラボレーション楽曲である「打上花火」を含めれば3度目の快挙である。これを記念して、8月11日にお台場海浜公園にて開催される「東京花火大祭2018〜EDOMODE〜」にて、楽曲と花火のコラボレーションが決定している。

11月4日、ミュージックビデオがYouTube上での再生回数2億回を突破した。米津が手がけた曲が2億回再生を記録したのは、米津玄師名義の楽曲では初となった(DAOKOとのコラボレーション楽曲である「打上花火」を含めれば2度目)。
2019年2月9日、YouTube上において、日本のミュージックビデオとしては史上初の再生回数3億回を突破した。更に、6月16日には史上初の再生回数4億回を突破した。

快進撃は止まりませんね。今でも色々な場所でLemonを耳にします。その後リリースされた曲を聴くこともありますが、コラボ曲やLemon以前の曲は聴きません。

チャート成績

先行配信された表題曲は、2018年2月26日付のBillboard JAPAN Hot 100で初登場2位を記録した。同日付のオリコン週間デジタルシングルランキングでは、約23.6万ダウンロードで初登場1位を記録した。また、このダウンロード数は、前年12月に正式スタートしたオリコン週間デジタルシングルランキングの、発売初週ダウンロード数、累積ダウンロード数の歴代記録を塗り替える結果となった。オリコン週間デジタルシングルランキングでは、その後発売以来10週連続で1位を獲得し5月5日付で累計ダウンロード数100万回を突破した。

3月14日にフィジカルが発売され、26日付けのオリコン週間ランキング・Billboard JAPAN Hot 100では、AKB48の51stシングル『ジャーバージャ』に次いで初登場2位を記録した。米津のシングルが初週10万枚以上売り上げるのは初となる。フィジカルは1週間でおよそ30万枚が出荷され、配信数と合計してミリオンセールスを記録したと報じられた。 3月19日付けの香港、及び台湾のiTunes総合チャートで1位を獲得しており、この影響で、台湾では4月、中国では8月にCDシングルリリースが告知されている。翌週4月2日付けのオリコン週間ランキングでは約4万枚を売り上げて2位を保持。Billboard JAPAN Hot 100ではワンランクアップして1位を獲得した。

CD 収録内容
全作詞・作曲: 米津玄師、全編曲: 米津玄師、編曲協力:室屋光一郎。

1.
「Lemon」(TBS系列ドラマ『アンナチュラル』主題歌)
4:16

2.
「クランベリーとパンケーキ」
3:30

3.
「Paper Flower」
4:35

合計時間:
12:21

意外と「Lemon」は有名ですが、カップリング曲はそれほど有名じゃないですね。これもダウンロードして聴く人や、ストリーミングで聴く人が増えたからかもしれませんね。米津さんの曲は僕の意見としては、CDよりもダウンロードしてたくさん聴きたい曲が多いです。CDだと、家に帰ってからか、専用のプレーヤーが必要ですが、スマホでダウンロードしたら、いつでも聴けますからね。




dヒッツ/初回31日間無料

近頃はダウンロードして聴くのさえ古いとされる時代になっています。やっぱり音楽もストリーミングの時代です。

-音楽
-, , ,

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.