マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

再び音楽シーンにヴィジュアル系ロックバンドの時代は来るのでしょうか?

音楽

1990年代の後半の音楽シーンはヴィジュアル系ロックバンドばっかりがテレビに出てました。ヴィジュアル系がどうこういった話になると、L’Arc~en~Cielはどっちだろうと言う話になりますが、ここはノーコメントで。

何組かは、インディーズ時代からの人気も手伝って、デビュー曲がヒットします。テレビにも出まくって、やがて、武道館や東京ドームなどの大舞台でライブをしますが、年末恒例の紅白歌合戦には呼ばれません。人気も一年くらいで消えてしまいます。そして、気が付けば新曲もランキングから外れて、次々と新しいアーティストに注目が集まり埋もれていきます。メンバーすらよくわからないバンドが何組もいます。

あのヴィジュアル系ロックバンドがひしめき合って、次々とデビューしてた時代は来るのでしょうか?

1990年代の中盤にデビューして、絶頂の間に解散したヴィジュアル系ロックバンドはあまりいません。また、ヴィジュアル系ロックバンドが当たり前にオリコンチャートにランクインする日は来るのでしょうか?客観的にそれほどのロックバンドがインディーズには居ないと思いますが、個人的には、現在注目度No.1のヴィジュアル系ロックバンドのアッシュメイズに期待しています。

カゲロウの錯覚/YouTubeより

Ashmaze. – カゲロウの錯覚 (Official Music Video)

新しい音の使い方をしているけれど、どこか1999年あたりの音楽シーンはヴィジュアル系が席巻していた時代末期の頃の、ロックバンドとしてのテイストを残しつつ、他の何かも取り入れるスタイルが懐かしさを思わせてくれます。勝手な思い込みかもしれませんが。ただ、インディーズ時代に解散してしまうバンドは沢山いますからね。

ちなみに10月16日に1ST MINI ALBUM「錯覚」がリリースされるみたいです。1STですが、インディーズでの作品ですから。CDも発売していないのにこれだけ人気を集めているのも珍しいです。それぞれが、過去に所属していたロックバンドが高い評価を受けていて、本人たちのファンが多いという事でしょう。久々にCDというモノを買おうかと思っています。いつもはストリーミングですし、彼らが有名になれば、ストリーミングで音楽を聴けるかもしれませんが、まだまだ駆け出しのロックバンドですからね。

駆け出しの割には、すでにとてつもない人気と、駆け出しとは思えない演奏技術ですけど。もしかしたら、色々な雑誌で観たDIR EN GREY(Dir en grey)のインディーズ時代みたいな扱いを受けているかもしれません。インディーズのヴィジュアル系ロックバンドなのに、メジャーのヴィジュアル系ロックバンドよりも雑誌に掲載されていましたからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました