マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

野外フェス=暑い=半袖が良いとはかぎりません。

ファッションアイテム


2019年8月4日の夏真っ盛りの時期です。夏は各地で野外フェスが行われますね。野外フェスなど、野外でのイベントは夜は良いのですが、昼間は暑いです。そして、野外イベントに参加する多くの人は暑いから半袖を着ていく。これは服装について勘違いしています。それは多くのイベント会場での気温に伴う体感温度が関係してきます。勘違いというのは夏は気温が高くて暑いから、長袖よりも、半袖が涼しいということです。勘違いというよりも、自然に行うことでしょうね。屋内イベントなら問題ないでしょう。

屋内でのイベントの場合は、単に気温が高いだけなので半袖が良いかもしれません。ですが、屋外のイベントの場合は気温だけではなくて紫外線があります。長袖を着るという事は熱から肌を守るという考え方です。太陽からの日差しが肌に直に当たるので、熱いというよりも痛みさえ感じるかも知れません。

ですが、長袖など厚着した方が良い訳ではありません。だって、暑いから。薄くても長袖を着る事に意味があります。そして、今は接触冷感素材という特殊な生地を服の肌が接触する部分に使った服が「ワークマン」にあります。

これは服の内側が冷感素材となっているので、屋内で着ていたとしても半袖より、むしろ涼しいかもしれません。接触冷感素材と言われるこの生地は枕などの寝具にも使われていて、年々機能性がアップしています。様々なタイプがあります、この写真だと作業着ですが、カジュアルなタイプの接触涼感素材を使った長袖の服も用意してあります。

 

ファンが内蔵されているタイプも人気です。写真ではわからないような位置についています。

服の内部に空気を送り込む服です。小型の自分専用扇風機がついていると思ってください。着てみた感想は、風の中に自分がいるような感覚を体験出来ます。服の上ではなく、一番薄着の服の上から直接風があたるわけですし、その風も外部に逃げずに中で滞留します。服のキャパをこえると外にでていきます。

どちらも長袖という事で紫外線対策にもなります。暑いから半袖が良いと思う常識は若干違っています、屋内では半袖で構いませんが、接触冷感素材がある今では屋外の場合、肌を紫外線から守るためにも長袖を着た方が良い事があるでしょう。



雨の日にワークマンのレインウェア、滑らない靴でお出かけ

ワークマン

なんとなくイメージとして作業服しか売っていないイメージではないでしょうか?少し前まではそうでしたが、現在はプロが認めるほど丈夫で、更にファッショナブル、更に機能性も高いので今年はブームになるのではないかと言われています。靴に関しては、油の上でも滑りません。厨房用だけかと思いきや、カジュアルなシューズの用意もありました。デザインもそれほど悪くないので、作業をする際はもちろんですが、普段履く事にも使う事が出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました