マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

ヴィジュアル系ロックバンドの事を、昔は【名古屋系】と言っていた

音楽

ヴィジュアル系という言葉はXJapanが生み出し、彼らによって広められたわけですが、「X」がデビューする前から、ヴィジュアル系と言いう言葉に当てはまりそうなロックバンドが数組いますが、何と言われていたのか?

ヴィジュアル系と言われ始めた時代には昔の言い方と、新しい言い方が混同していたので、耳にした事がある人も多いかもしれません。ヴィジュアル系は昔「名古屋系」と言われていました。つまり日本のロックのサブジャンルのひとつで、まだヴィジュアル系という言葉のなかった1990年代はじめの名古屋市の音楽シーンに由来するものです(当時はお化粧バンド、逆毛バンド、ハードロックゴシック系などと呼ばれていたそうです)。

歴史(ウィキペディア)

980年代、アンダーグラウンドでポストパンクのムーヴメントが起きる。このムーヴメントは、今池式、今池ロッカーズなどと呼ばれた。ROOTSのヴォーカリストもくあきおは「今池ロッカーズは、80年代初頭のニューヨークアンダーグラウンド/ノーウェーブに共時進行していた東京ロッカーズに呼応しているものでもあったといえよう。」と考察している。
1980年代前半ころから、Electric Lady LandなどでClowley、Sniper、Tiltらが名古屋のヘヴィメタルシーンを盛り上げる。Laputaのakiは高校時代にSniperやTiltのコピーバンドをしていたと述懐している。
1986年に、『Underground Romance-名古屋アンダーグラウンドロマンス-』というオムニバスアルバムがリリースされる。このアルバムには、Lucifer Luscious Violenoueが在籍していたゴシックロックバンドGille’ Lovesが楽曲を一曲提供している。
1989年、Silver-Roseが結成される。
1990年代はじめになると、「名古屋系」という言葉が流行しだす。このころのシーンでは、Silver-Roseを筆頭に、TI+DEE、マニキュア、Sleep My Dear、 MERRY GO ROUND、Sus4、GARNETなどのバンドが活動していた。
1991年、黒夢が結成される。インディーズシーンではSilver-Roseと並んで「名古屋2大巨頭」とされていた。同年、VIVIAN LEEで活動していたKouichiがSilver-Roseに加入[10]。
1994年、黒夢がメジャーデビューを果たす。一方で、Silver-Roseが解散。ギターのKouichiはLaputaに、ベースのKaikiはROUAGEに、そしてドラムのKyoはMerry Go Roundに加入した。また、KouichiがLaputaに加入したことに伴って、LaputaのギタリストHidenoがMerry Go Roundに加入する。
最初期の名古屋系バンドには、ほかにDIE-ZW3E、Of-J、Brand new kiss XXXX、Siluetなどがあった。
1990年代中盤の黒夢らの成功で全国的に知られるようになったが、その背景には、名古屋市を拠点とするライブハウスや大須にあった円盤屋などのレコード店の東京事務所による売り込みも関わっていたとされる。円盤屋はもともと1980年代のイギリスのロックを中心に扱う店であったが、1990年代に入ってしばらくすると、黒夢、Sleep My Dear、Merry Go Round、FANATIC◇CRISISらのメジャーデビューを手がけるべく東京事務所を開設し、メジャーレーベルに売り込みをかけるようになったという。黒夢に続いてROUAGE、FANATIC◇CRISIS、Laputaなどが次々と上京しメジャーデビューを果たす。
その後は、kein、Lamiel、Phobia、Deadman、Blast、GULLET、the studs、lynch.など登場したが、これらのバンド群はヴィジュアル系という言葉が世間に浸透した90年代後半以降に活動を開始しているため、名古屋系と呼ばれることは少ない。lynch.のメンバーはlynch.はそういう要素はあるものの名古屋系そのものではないとし、「名古屋系にはモダンなヘヴィネスを追求しないで欲しい。チューニングも半音以上は下げないで欲しい」、「lynch.は名古屋系ではないということがわかる。闇のベクトルが違う。」と主張している。
2013年には、次世代名古屋系を掲げて、アルルカンが結成されている。

名古屋系から派生したと言われる、名古屋のヴィジュアル系というのはハードな音楽と、重くて陰鬱な歌詞が特徴です。自己主張のためなのか重くて暗い歌詞の曲を好む人がいるのはいつの時代も変わらないのですね。10代の頃は、全てが理不尽に思えますからね。



ヴィジュアル系ロックバンドと言えばまずメイクを思い浮かべます。とくにメジャーデビュー直後は音楽的なイメージで覚える人は少ないでしょう。曲や本人のイメージにあわせた衣装も大事ですが、ヴィジュアル系と呼ばれるためには、まずメイクです。ヴィジュアル系ロックバンドのメイクは、年々、仕上がりが綺麗になっています。取りあえずは白くて、ダークな色で仕上げていましたが、最近では、女性のメイクよりも手が込んでいます。

ヴィジュアル系ロックバンドのメイクを担当する事はある意味、あなたの腕が評価されているという事ではないでしょうか?メイクというよりは、特殊メイクに近いのでしょうか?まずは、無料資料請求をして、講座についてみて、納得して下さい。「千里の道も一歩より」始まります。【無料資料請求】メイクアップ認定講師資格取得講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました