マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

技術が進むと、どうなるか?

音楽

よく数年後にはAIに仕事を取られるとか言いますよね。でも、何故取られるかはわかりますか?簡単な事です。人が対応しても機械が対応しても、変わらない。仕事のスピードは機械の方が早い。人件費も必要ない。だったら、機械に任せる。当たり前な話です。感情論じゃありません。

役所の人間は無愛想で、誰がやっても同じだと思いませんか?その通り、既にAIが導入され始めています。どうしても人じゃなければいけない業務を除いて、AIが業務を行っています。「士」と付く国家資格の中でも難関の資格が必要な業務もAIに取って代わられます。なぜなら、会計業務などは人間が計算するよりも機械で計算をした方が早いし正確だからです。

人工知能は人間の知能を超えて、研究する事も人がやるよりも人工知能が研究する方が、良い結果が出せるとして、商品開発部が消えるのではないでしょうか?

そして、意外と多いのですがAIだけが、仕事を取るとか勘違いしていませんか?

自分の仕事は大丈夫とか思っていませんか?大きな間違いです。技術が進歩したらどうなるか?3Dプリンタが進歩した場合、ありとあらゆるものを再現できるようになり、特別な技術が必要な伝統工芸品を除く製造業は大幅な人員カットを行うでしょう。コンビニエンスストアでも、商品を受け取るのではなく、データを受け取り、3Dプリンタで商品として受け取る。この事で、配送業も、人件費をカットされるでしょう。中国では、ビルを3Dプリンタで作ったり、部屋をプリントアウトして、それを組み上げるなど成功しています。資材を現場に運ばなくても、3Dプリンタとデータさえあれば持ち運ぶ量も少なくなります。ですから、人間以外は出来そうにない建設作業員等も、必要なくなります。現場監督が居れば何ら問題ないからです。

自動運転での実験も進んでいます。少し前なら、大型の自動車運転免許を所持していると運転手が欲しい配送業や都営バスの会社は雇ってくれました。運転手は喉から手が出るほど欲しいですからね。タクシー業界も同じで、第二種運転免許を所有する人はかなり貴重です。今はまだ、雇ってくれるかもしれません。でも自動運転技術が進むと、そういった業界でも人員カットが行われるでしょう。限界集落のお年寄りは自動運転技術が進むと嬉しいかもしれませんが、カットされる方はたまったもんじゃありません。

ドローンの技術が進歩して、今よりも重いものを持ち上げられるようになります。つまり、クレーンが必要なくなります。建設現場や工事の現場で、重機が必要なくなります。重機を扱う免許を持っていても、重機そのものを使わなくなります。場所によっては、ドローンが人を運ぶようになるかもしれません。

自分には関係ないと思っていたら、ある日突然、リストラされるかもしれません。今の段階で、どの職業が無くなるのかはわかりません。ハッキリしているのは「仕業」だけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました