マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

音楽の配信サービス、デジタルシングルって?

音楽

音楽の配信サービス、デジタルシングルって?

音楽配信(おんがくはいしん)は、つまりは、インターネットを通じて楽曲を配信することです。「デジタル音楽販売」「オンライン(音楽)配信」なども同じ意味に使われています。一曲・アルバム毎にダウンロードする形式や、定額制のストリーミングによる聴き放題の形式がありますが、アーティストごとに過去のアルバムが全て対応しているかはわかりません。デジタルシングルとは、CDとしての店頭販売はせずに、配信のみでの販売をするシングルの事です。

以下ウィキペディア

音楽配信を利用すると、1曲だけ欲しい場合にCDをアルバムごと購入せずに済んだり、CDが廃盤になるなどで入手困難な楽曲を入手できる可能性があるところやCDの品切れが発生しないところがメリットである。

DRMを使用した有料音楽配信の場合、購入する楽曲に「ポータブルプレーヤーへの転送回数制限」「CDへの書き込み回数制限」「バックアップの可否」などの条件が設定される。ただし、デジタルオーディオプレーヤーのヘッドホン端子から録音機器にコピーした場合と、一度CD-DAにコピーすれば、CDからリッピング・エンコードする分には制限が無意味になってしまう。ただし、殆どの音楽配信は非可逆圧縮を伸長しているため、音質は劣化する。

有料音楽配信に使われるフォーマットは、iTunes StoreやmoraではAAC、他のサービスではWMAやATRAC3が多い。これらは非可逆圧縮であり音質の劣化が発生するため、可逆圧縮(ロスレス)フォーマットを用いたり、サンプリング周波数を上げたり、一部のサイトは、非圧縮のAIFFやWAVなどを採用したりして、CDよりも高音質を実現したハイレゾリューションオーディオによる配信も行っている。

有料音楽配信の価格は、1曲あたり100〜300円が一般的である。iTunes Music Storeが2005年に日本でサービスを開始した際、競合サービスに比べて低価格であり、他社が対抗値下げをしたことがあった。CDを購入するより割安だが、レンタルCDに比べれば高価で制限が多い。

人気アーティストがCD発売よりも早く楽曲を配信したり、音楽配信のみでCD発売されない楽曲をリリースするなど商業的戦略にも活用されている反面、デジタルオーディオプレーヤーを販売するメーカーを親会社に持つレコード会社が、戦略的にライバルの音楽配信サービスに楽曲をリリースしないといった問題も多い。

音楽の配信サービスは、インターネットに接続する事が出来る機器なら、ダウンロードして聴く事ができます。いわゆるガラケーでも大丈夫ですが、もしかすると接続できないサイトがあるかもしれません。

国内の音楽配信をしているサイト

Amazon Music
dwango.jp
e-onkyo music
GIGA MUSIC
Google Play Music
HAPPY!MUSIC+
iTunes Store
LINE MUSIC
Media Do
レゲエZION
クラブZION
DE-LUXE
DANCEHALL.JP
ガールズサミット
mora
mu-mo
music.jp
MySound
OTOTOY
TSUTAYAミュージコ♪
オリコンミュージックストア
レコチョク
dミュージック powered by レコチョク
Music Store powered by レコチョク
ひかりTVミュージック

日本では、iPodが多く普及していることから、世界的に見ても音楽ダウンロード配信での販売量が多く、また同じく高い売り上げを記録している。音楽ダウンロード配信として、現在世界で最もダウンロードされた楽曲は、800万ダウンロードを記録した、宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」(パソコンによる音楽配信と着うた、着うたフルの累計。ギネス・ワールド・レコーズには、着うたフルで最もダウンロードされた楽曲である、青山テルマfeat.SoulJaの「そばにいるね」が、日本で最もダウンロードされた楽曲として認定されている)。

また、CD販売はせず、デジタル配信限定の楽曲は多数あるが、浜崎あゆみが「Together When…」を配信限定曲として発売した際、配信限定曲では異例の、ジャケットとPV製作、多数の音楽番組でのプロモーションを行った。

2006年の日本では、音楽配信による総売上金額がシングルCDを越えた。なお、日本での音楽配信における件数ベースでの【シングルCD:着うた:着うたフル:インターネット配信】の比率は、2009年末時点でほぼ【1:3:3:1】と携帯電話での配信がインターネット配信を上回っていたが、スマホが普及した2013年は着うた、着うたフルの売上件数が大幅に減少し、逆にスマホ含むインターネット(PC)配信の売上件数が前年同期比131%と大幅に増加したため、ほぼ【2:1:1:3】と、インターネット配信が業界をリードする傾向が鮮明となった。

日本ではオリコンチャートに代表される“CDの売上計数”が、音楽市場の代表指標として機能していたが、2007年から2010年にかけてシングルCDの売上が急減し、ミリオンセラーのほとんどは音楽フル配信から生まれるという逆転現象が見られ、CDのみの計数であるオリコンチャートが市場実勢を反映しにくい状況が続いた。

例:
宇多田ヒカル『Prisoner Of Love』(着うたフル100万DLだが、オリコン年間チャートでは95位)
GReeeeN『愛唄』(着うたフル200万DL、PC50万DLだが、オリコン年間チャートでは24位)
木村カエラ『Butterfly』(着うたフル100万DL、PC50万DLだが、配信限定の為オリコンチャートに登場せず)
キマグレン『LIFE』(着うたフル75万DL、PC25万DLで計100万DLだが、オリコン年間チャートでは117位)
KARA『ミスター』(着うたフル75万DL、PC50万DL、またカラオケでも大ヒットしたが、オリコン年間チャートでは67位)
ゴールデンボンバー『女々しくて』(配信チャート、カラオケチャートで首位を独走するも、オリコン年間チャートでは100位圏外)

その状況が続いていたにもかかわらず、長年シングルCDチャートに重きを置いていた日本のテレビ局・ラジオ局では、上記のような配信中心のメガヒットについて認識が出来ず、年末年始のカウントダウン番組等でも音楽配信の売上はほとんど考慮されなかった。

一方で、2010年代前半からBillboard JAPANをはじめとした配信ランキングを考慮に入れたランキングが現れ始めた。2010年代後半にはテレビ番組でもビルボードのランキングに触れる機会が急増し、2017年3月からはCDTVがビルボードランキングをメインとした新形式のランキングに変更された。さらに2017年12月より、オリコンチャートでも配信シングルチャートが開始され、配信中心のヒットが認識されない事態は徐々に改善されつつある。

2012年5月には動画共有サイトのニコニコ動画が、投稿動画の音声部分を無料でダウンロードできるNicoSoundを開始。JASRACと包括契約を結び、JASRAC管理楽曲を演奏したり歌ったりしたものであればダウンロード可能となった。ニコニコ動画ではVOCALOIDを使ったオリジナル曲が数多く投稿されており、新たな音楽ダウンロードサービスとして注目を集めている。

世界的には、音楽ダウンロード配信による売上は2012年がピークで、それ以降は下降しており、代わりに定額制音楽配信が伸びている。

定額制音楽配信とは?

定額制音楽配信(ていがくせいおんがくはいしん、英: on-demand streaming music service)は、料金定額で自由に好きな楽曲を再生することが出来るサービスのことです。ストリーミングを基本とするがオフラインでの再生用にキャッシュすることも可能であることが多いです。

楽曲を自分で選択する方法以外にも、チャンネルがありラジオのように自動で選曲を提供するサービスもありますが、僕みたいな世代の人間は、解散してしまったバンドの音楽を聴きたいと思っても、有名なサイトでは配信されてないばあいが多いので、このサービスは若い人向けか、若さを保とうとして無理している人むけです。

今は、全てが定額制サービスだらけですね。携帯電話の料金プランもそうですし、マッチングアプリなんかもそうですね。外食に関しても一日の限定数がありますが、定額サービスを行っているお店もあります。時代ですね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました