マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

だからヴェルヴェットの空の下~・SADS(サッズ)

音楽

「池袋ウェストゲートパーク(略して、IWGPらしい)」という伝説級のドラマ。毎週楽しみに観ていたのを覚えています。正直なところ、他に楽しみが無かった。ドラマのオープニングと言うか、主題歌というか、代表曲は「TOKYO」だけど、タイアップとして使われたのは「忘却の空」という曲です。この曲でミュージックステーションにも出演していました。
YouTubeより

SADS 忘却の空 池袋ウエストゲートパーク主題歌

当時は、少し悪そうな人は、だいたいこの着メロでした。きっと少し前は「黒夢」とかだったんでしょうね。

メンバーについて、調べてみました。

メンバー(ウィキペディア)

Vocals: 清春 (1999 – 2003、2010 – 2018)
SADS休止後はソロで活動。2010年より、ソロ活動と並行して黒夢、SADSの活動を再開。

Guitar: K-A-Z (2010 – 2018)
栄喜 (SIAM SHADE) とのユニットDETROXとしても活動していた。

Bass: YUTARO (2017 – 2018)
undervárのベーシスト。シシド・カフカのサポートも務める。ex.JELLY→、ex.LAID BACK OCEAN。JELLY→のインディーズ時には清春のレーベルFULLFACEに所属していた。2017年4月15日より加入。

Drums: GO (2010 – 2018)
ロックバンドSUNS OWLのリーダー、地獄カルテットでも活動中のドラマー。

ですが、メンバーは何度かチェンジしているそうです。

旧・メンバー(ウィキペディア)

Guitar: 坂下たけとも (1999 – 2003)
2004年10月、FULLFACE退社に伴い脱退。その後はThe DUST’N’BONEZ、BAD SiX BABiES、THE SLUT BANKSにて活動。

Bass: 田沼徹浩 (1999)
ロンドンツアー後、体力的問題により脱退。

Bass: 小林勝 (2000 – 2003)
ex.SOY SAUCE SONIX。現在nil、ザ・クロマニヨンズにて活動中。清春のソロデビューの際に打ち込み等の作業を手伝っていた。

Bass: クボタケイスケ (2010 – 2016)
30sizeのサポートベーシスト。清春のソロの際に、サポートメンバーとして活動していた。元はやぶさジョーンズ。自身がリーダーを務めたkubotaroadにも在籍していた。2012年よりla la larksでも活動中。

Drums: 牟田昌広 (1999 – 2001)
2001年3月、音楽性の違いにより脱退。現在THE STREET BEATSのメンバーとして活動。

Drums: 満園英二 (2001 – 2003)
2003年8月、病状回復の目処が立たないため、脱退。ex.Wild Flag、BOW WOW、THE SLUT BANKS。脱退後はThe DUST’N’BONEZ、森重樹一のサポートなどで活動。

旧メンバーの人には、現在の活動先で知っている名前がありました。どのタイミングで脱退したのかわからない人もいますが、清治さんのソロ活動でサポートしているみたいですね。

歴史・エピソード(ウィキペディア)

1999年 デビュー~ファーストツアー

黒夢の無期限活動停止から数ヵ月後、SADSが始動する。結成メンバーは清春、坂下たけとも、田沼徹浩、牟田昌広の4人。始動するや否や、いきなりUKツアー (全4公演) を敢行する。日本での正式なデビュー前であり異例のことであった。このUKツアーを期に、ベースの田沼徹浩が脱退する。理由は「体力上の問題」とされている。

全公演終了後帰国し、「DEMONSTRATION CLUB GIG」 (全国6会場6公演) を敢行する。日本国内ではSADSの初のお披露目となる。ちなみに1本目の最後では清春本人が客席にダイブを行った。

7月に「TOKYO」 (オリコン初登場2位) のリリースでメジャーデビューを果たし、1stアルバム『SAD BLOOD ROCK’N’ROLL』 (オリコン初登場3位) を引っ提げ、初の全国ツアー「THE FIRST TOUR “Smash It Up”」 (全国27会場29公演) に突入する。なお、サポートベーシストとして山根浩成が加わる。

このツアーでは坂下らによる「バットマンのテーマ (ザ・ジャムのカバーアレンジで演奏)」や、「Liberation」の原型となる「Go!」などが披露されている。だが、このツアーによって清春が黒夢時代から抱いていたバンドに対する一種の憧れは決定的に崩れ去り、失望の大きいツアーとなった (「活動停止~解散」の項目参照)。

2000年 2度のBATTLE ROCKERSツアー

この年はSADSにとって、年末カウントダウンライブの「21st Century NIGHTMARE」までライブ中心の一年となる。限定シングル「赤裸々」(オリコン初登場2位) をリリースし、2000年前半は「Battle Rockers PART 1」 (全国23会場29公演)、「FANCLUB「RUBBERSOLE」ONLY LIVE」 (東京・大阪・名古屋・3公演)、「TOKYO 7 DAYS SPECIAL STANDING GIG」 (都内7会場7公演) をこなす。

この期間中にリリースした4thシングル「忘却の空」 (オリコン初登場2位) が、TBSにて放映されたテレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の主題歌となる。同ドラマの視聴率が平均14.9パーセントと好調だったこともあり、結果的にSADSの知名度を一気に高めると共に、代表曲とのイメージが定着した。「忘却の空」のヒットの勢いに乗って、2ndアルバム『BABYLON』でオリコン初登場1位を獲得する。この時期がSADSにとってセールス上のピークであったと言える。

2000年後半から「BATTLE ROCKERS PART 2 ~WELCOME TO MY BABYLON~」 (全国46会場50公演、以下バビロンツアー) が行われた。同ツアーはこれまでと違いホール公演であり、そのステージではお経のSEを流し、清春がお香を焚くパフォーマンスなどこれまでとは打って変わってダークな色合いが濃くなってくる。ステージ上で孵化する卵や、特に最終公演の大阪城ホールで清春が十字架に張り付けられながら歌い、曲中の電気処刑やSMショーなどのパフォーマンスを行った。

清春の強いこだわりや予算の組み間違いにより、バビロンツアーの舞台セットに2億円の費用がかかってしまった。そのため、チケットやグッズの売上が好調だったにも関わらず5000万円の負債が出来てしまい、この負債はSADSの所属事務所の社長であった清春自身が背負うことになった。以降、ライブでの収益は全て負債の返済に充て、清春自身はノーギャラという状況が続くことになる(のちに完済)。

さらに、大阪公演ではノリの悪いオーディエンスに愛想を尽かしてアンコール半ばで公演を終了する、牟田の度重なる演奏ミスに苛立った清春が、ステージ上で牟田を非難するなど、バンドの雰囲気はどん底であった。

一方で、2000年初めのツアーからサポートとして参加していたベースの 小林勝が、追加公演の大阪城ホールを以って正式メンバーとして加入することが発表された。これまで交代を繰り返してきたベースがようやく固まることになる。

『BABYLON』リリース時に一定の売り上げ枚数を越えた場合、SADSの広告宣伝料を増加する条件を東芝EMIサイドから提示されていた。結果的に、あと一歩のところで条件枚数に到達できなかったことを『清春35X』でのインタビューで語られている

。また、この年11月にリリースしたシングル「NIGHTMARE」は映画『漂流街』のオープニング、エンディング双方の主題歌となった (『漂流街』には清春に役者として出演のオファーもきていた)。

2001年 満園加入~ヘヴィ・ロックへの傾斜

2001年3月31日付けを以って、「方向性の違い」という理由でドラム牟田の脱退が発表される。

後任にはかつて黒夢のサポートメンバーであった 満園英二を迎える。こうして、バビロンツアーの「FOR YOU」や「Darkness is my spiral mind」で見せたダークさに、満園の加入でヘヴィさが加わった。

バンドとして新たな船出を迎えたSADSは、同時に東芝EMIからBMG JAPANへレコード会社を移籍した。レコーディングを終え、米国の有名エンジニアを頼ってミックスダウン作業のためロサンゼルスへ旅立った。

ところが、このロサンゼルス遠征は失敗に終わる。清春によると前出のエンジニアのミックスは「日本のロックを舐めてる」との事で、結局日本に戻って旧知のエンジニアに依頼することになる (この時のミックスは『THE ROSE GOD GAVE ME (LA MIX VERSION)』で聴く事が出来る)。結果的に、このロサンゼルスの一件で数千万円の損失を発生させることとなった。

そうしたトラブルを乗り越え、シングル「PORNO STAR」(オリコン初登場5位)、「APPETIZING 4 SONGS EP」 (オリコン初登場9位)、そして3rdアルバム『THE ROSE GOD GAVE ME』 (オリコン初登場5位) をリリースし、ツアー「THE STAR STRIP」 (シークレットライブ2本含め、全国31会場32公演) に突入する。同ツアーの栃木公演では、清春と昵懇の間柄であるT.M.Revolutionの西川貴教が登場するサプライズがあった。また最終公演「”THE STAR STRIP” FINAL」では日本武道館での公演を果たす。THE MODS、矢沢永吉のトリビュートアルバムにも参加するなどバンドとして充実した一年であった。

なお、『THE ROSE GOD GAVE ME』に収録されている「See A Pink Thin Cellopfane」のプロモーションビデオは当時お蔵入りになっていたが、『リクープ』発売の際に「未発表PV」として収められている。

2002年 インディーズ~131本のロングツアー

2002年は、風雲急を告げる事態で幕を開ける。前年に契約を交わしたBMG JAPANとの契約を解消した。
このため、4thアルバム『“ ”(untitled)』はライブ会場限定販売とFC通信販売のみという、実質インディーズバンドとしての活動を余儀なくされる。
清春は、同アルバムを正規の流通網で販売しようと試みたが、同年のロングツアーに忙殺されてそれが出来なかったと後のインタビューで語っている。

2002年のツアー「TOUR GOOD-BYE 2002!! “BEAUTIFUL DAYS” FOR HEAVY PETTIING & FOR ENTERTAINMENT」は、2002年4月からの12月までライブハウス131公演 (HEAVY PETTIING) と翌年1月2月のホール10公演 (ENTERTAINMENT) まで続く、全141公演 (沖縄を除く46都道府県) という過去に例がないほどのロングツアーが組まれた。

同ツアーの目的は、「ライブの本数をこなしながらバンドとしての音を固めていく」 (清春談)、「3人がSADSに居ることが相応しいかどうかが問われる」 (坂下談) と、それぞれ目的があった。

快調に進むかに思われたが、ツアー序盤から早くもメンバーの技術的な問題が表面化する。小林勝は「バンドの問題点について敢えて何も言わなかったが、それは失敗だった」と悔いていた。注目すべき点は、この年から清春がアコースティックギターを本格的に始めた事である。「Everything」や「Masquerade」、「憂鬱という名の夢」といった曲などでギターを弾きながら歌い始めている。バンド内の問題やライブのマンネリ化に対し、日々ギターに触れることでそれを忘れることが出来、清春にとって癒しになっていたとDVD『131days』内のインタビューで語った。

ツアーも中盤に差し掛かった頃、満園が泥酔し、腕枕をしたまま眠りに落ちてしまい、左腕神経麻痺を発症する。公演日程のキャンセル・振り替えを余儀なくされる (満園の一件で、当初予定されていた翌年の10公演は中止となる)。当初は短期間で回復が見込まれると思われたが回復の目途が立たないため、急遽サポートメンバーとして舛岡圭司を迎えてツアーを再開する。彼のスタイルは、豪快でパワフルな満園のそれとは対照的であり、彼から何かを学び得ようと、敢えて満園とタイプの異なるサポートメンバーを加えた背景があった。満園が復帰するまでの約60本のライブを「外の庭、外の景色を観ていた」と清春は表現している。また、満園の怪我による振り替え公演で数回行ったアコースティックライブを通して、清春自身は楽器としてのヴォーカルではない、歌を歌うことについて改めて考えさせられる。この時期を境に、「NOTHING」や「Sherry」といったミドルテンポの曲の心地よさに気づくことになる。

舛岡の加入はバンド内に吹き込んだ新しい風であったが、多くのライブをこなす内に段々と慣れ、惰性的なライブが再び訪れる。そんなバンドの雰囲気や一向に改善が見られない演奏、何となく観ているオーディエンス、スタッフに対する清春の積もりに積もった不満が爆発する。

9月29日の新宿LIQUIDROOM (当時) 公演中盤、ステージ上にあった照明器具が倒れ、清春にぶつかる。この点を境に、マイクを放り投げたりドリンク台を蹴飛ばすなど、ステージ上での苛立ちがあからさまになる。さらに本編途中でセットリストを変更し、本編最後では自らドラムセットに倒れこみ、器材を破壊しアンコールを行えない状態となった。当時の心理状態を「緊張の糸が一瞬切れた」と語っている。この後も清春はヴォーカルとして、リーダーとしてSADS内での自身の孤独感を深めてゆく。同時にステージ衣装が、それまでのシャツやジーンズといったラフなものから、スーツやネクタイといったフォーマルなスタイルに変化している。

サポートの舛岡にバンドが慣れてきたツアー終盤、左腕麻痺が回復した満園が復帰し合流する。満園の復帰はファンとしては嬉しい出来事ではあったが、SADSとして3人が重ねてきたツアーは、またゼロからの仕切り直しとなる。この時の心境を「この (満園復帰の) 日はとても辛かった」 (清春)、「ゼロからのスタート」(小林) と語っている。しかし満園の復帰後、バスドラムの大きさやギターをストラトに持ち替えたりといった、楽器隊で一種のバンド内改造の動きが始まる。「長いツアーを通じて、バンドの音を確立」させるという当初の目的に近づきつつある瞬間であった。翌年行われるはずであった10公演は中止となってしまったものの、この131公演はSADSにとっては新たな発見をもたらしたツアーであった。なお、同ツアーの最終公演では小林の第一子誕生報告と、ユニバーサルミュージックとメジャー契約を交わし、翌年のニューアルバムのリリースがMCにてアナウンスされた。

2003年 13ツアー~活動休止

5thアルバム『13』のレコーディングが始まる。しかし、レコーディング途中またしても満園が体調不良により休養を余儀なくされる。このため、昨年のツアーで披露した新曲を新たに録り直すことが不可能になり、アルバム収録曲の大半は不本意ながらも『“ ”(untitled)』と同時期に録ったものを収録という形となった。清春は「(満園の離脱を) 予期しておらず、(満園の体調不良を) 見抜けなかったのは最大の失敗」と述べている。結局、今回のレコーディングで満園が参加した楽曲は、「Sherry」と後に9thシングルとして発売される「Masquerade」のイントロ部分に留まった。なお、同シングルのカップリング曲の「楽園」では小林が打ち込みを行い、「Everything」のアコースティックバージョンを収録することで急場をしのいでいる。

リリースを終え、SADSはツアーの準備段階へ突入する。ツアーに向けて作成された新曲は実に30曲近くに上ったという。これは、リリース→ツアーという一般的な流れではなく、順序を逆転させることでツアーの成果をフィードバックしたアルバムの制作を意図していた。ツアーでは全曲を新曲で行おうかと考えていたが、「それだと『ショー』ではなく、『実験』になってしまう (笑)」 (清春) という理由から断念している。

「TOUR 2003『13』-Thirteen-」 (全国8会場13公演) では、満園に代わり昨年もサポートとして参加した舛岡圭司が再び加わる。同ツアーはこれまでに比べ公演数が異常に少ないほか、アルバム・ツアータイトルが意味する13階段の不吉さに加え、メジャーデビューから5年目で無期限の活動停止を迎えた黒夢と同じ年月を迎えたことで、様々な憶測を呼ぶ。ツアーに先駆けて「REPLAY」と題して行われたライブでは、これまでの4年間を振り返るかのようなセットリストが組まれたライブであった。

ツアーでは清春が予告していたようにライブで披露された曲の半数以上は下記の未発表曲であり、特に本編では序盤から中盤までの3分の2以上は新曲で占められていた。新曲では清春がエレキギターを弾きながら歌う曲が多く含まれていた。また、同ツアーのアンコールでは、黒夢時代の代表曲であった「少年」、「Like @ Angel」、「MARIA」が披露される。これは、黒夢を支えてくれたマネージャーが急逝したのを受けて、弔いとして故人が好きだった曲を演奏したためである。特に「Like @ Angel」の間奏では、清春が「聞こえてる? 歌ってるよ」と語る場面が確認され、彼に宛てたものということを裏付けている。
13ツアー後は7月にベスト・アルバムを発売し、一旦、バンド活動は休止となる。清春がソロ活動に向けての準備を開始するためである。ユニバーサルとの契約条件の一つに「清春のソロでデビュー」の項目があり、早い段階からソロ活動は規定路線であったと言える。なお、治療中であった満園は「回復の目途が立たない」として、同年8月を以ってSADSを正式に脱退している。

活動停止~解散

その後、SADS再開の期待が何度かふくらむも、結局は自然消滅の形で活動停止となってしまう。

その原因の一つとして、13ツアー終了後、坂下らがSADSの元メンバーと新バンドの結成に加わったことが挙げられる。坂下、小林が元メンバーの牟田と友人らで「TOWER」を結成する。しかし、清春のソロデビュー後も小林はデビューライブ「第三の扉」に来場、坂下は清春1stアルバム『poetry』のレコーディングに顔を出していた。

この件に関し、「本来僕 (SADS) に対してお金を払うであろうファンに申し訳ない」と清春は語っている。つまり、SADSというブランドは清春自身に帰結するべきであるのに、元メンバーらと活動することでそのブランドが独り歩きしてしまうのは、SADSを自分で動かしてきた清春にとって到底我慢のならないことであった。

インタビューで清春は「SADSは実質、僕+サポートメンバーだった。でもツアーを重ねる毎に彼らは何か勘違いしていってしまった。最後にはもうどうにもならなかった」という言葉を残している一方で、坂下は「SADSは清春君のバンド」と自身はサポートメンバーだったということを語っている。
直接的な原因は、2002年に行われたロングツアーで背負った負債である。借金を含めたマネジメントの問題は全て清春自身が処理を行っていた。「責任を果たさないのに、あれこれ言う」(清春) との一言が、清春と他のメンバーとの意識の差を如実に物語っている。なお、この借金はツアー公演に関するものと思われていたが、その後の清春のインタビューによると、「ツアー中の移動は新幹線なら全部グリーン車、飛行機はビジネスクラス」といった贅沢を尽くした事も含まれていたことが判明している。

SADSの活動停止後、ZIGGYのボーカル森重樹一は「The DUST’N’BONEZ」結成のため清春に対し、「(坂下を) 借りてもいい?」と連絡をし、清春もそれを快諾する。しかし、実際にドラムに脱退した満園が居ることを後から知り、坂下はThe DUST’N’BONEZに加入するとともにSADSを脱退。そして、The DUST’N’BONEZとしてのインタビューで坂下の脱退が坂下の口から正式に告げられた。発表が遅れた理由としてSADS側の方で都合のいい時期に発表すると思っていたと語っている。

このように解散の引き金は幾つかあったにせよ、清春自身はバンド結成後のファーストツアー後から一貫してSADSに対する虚無感を抱いていたことを『清春35X』をはじめとしたインタビュー内で語っている。

『THE ROSE GOD GAVE ME』リリース前後など一時的にはバンドが楽しく感じた時期はあったものの、バンドサウンドやメンバーの技術的な部分に恒常的なフラストレーションを抱えていた。その様子は、ツアードキュメントビデオ『Document of “Welcome to my BABYLON”tour The INTRODUCTION 2000.8.5-2001.1.1』や『131DAYS』において、公演中に清春が荒れるシーンやインタビューで確認出来る。また、2ndアルバム『BABYLON』は清春自身がSADS史上、唯一納得できる作品としてあげている。これはファーストアルバムとは対照的に、コンセプチュアルな内容に清春が徹底して突き詰めた結果だと思われる。

2010年 復活

2010年1月29日に、清春のブログでSADSの活動が再開されることが発表され、新たに公式ホームページとMySpaceが公開された。2009年の黒夢のラストライブでサポートを務めたK-A-Z (ギター)、GO (ドラムス) と、清春のサポートメンバーであったクボタケイスケ (ベース) が新たに加入した。

5月1日に日本武道館でライブを行うこと、約7年ぶりとなるアルバムが7月7日に発売されること、2月9日にファンクラブ「VIP」がオープンすることが発表された。更に、9月19日にイナズマロックフェスに参加することとなった。

6月30日に配信シングル「GOTHIC CIRCUS」だけを配信する予定が、手違いにより『THE 7 DEADLY SINS』収録曲を全曲を配信してしまう、着うたフルでの配信のはずが着うたのみの配信になるという事件が起こった。7月3日現在この件に関しレーベル側からの正式なコメントはない。清春自身もツイッターでこの件に対し「レーベルからの正式なコメントを僕もまだ見てない。事務所やってる僕がミュージシャンだから甘くみてるのかな」とコメントしている。
7月3日の深夜にツイッターでavexの松浦勝人代表取締役社長が「待望のアルバムを楽しみにして頂いていた皆様にとても残念な思いをさせてしまった事。清春さんとメンバーが魂を込めた作品をアーティストの意図しない形で全曲を世の中に出してしまった事。それがうちの社員の手によってなされてしまった事実を深く受け止め反省しております。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

その後avexの清春オフィシャルHPにGOTHIC CIRCUSの配信に対するお詫びと「GOTHIC CIRCUS」『THE 7 DEADLY SINS』の楽曲配信が着うたフルで7月7日から配信されるということが発表された。

2018年 再度の活動休止

2018年6月21日に清春OFFICIAL WEB SITEで2018年内での活動休止が発表された。

確かに、「忘却の空」がリリースされたくらいがSADSとしての人気はピークだったと思います。「TOKYO」「忘却の空」以外を知っている人にあった事がありません。二枚以外にもシングルはリリースされているのですけど。

発売されたシングル(ウィキペディア)

1st
1999年7月7日
TOKYO

2nd
1999年10月14日
SANDY

3rd
2000年1月13日
赤裸々

4th
2000年4月12日
忘却の空

5th
ストロベリー

6th
2000年11月16日
NIGHTMARE

7th
2001年6月20日
PORNO STAR

8th
2001年7月25日
APPETIZING 4 SONGS EP

9th
2003年5月28日
Masquerade

10th
2010年11月10日
DISCO

11th
2014年6月14日
spin

12th
2018年9月5日
freely (venue Ver.)
デジタルダウロード

これ以外に、ライブ会場でのみ配布されたシングルや、アルバム等があり、結構多くの作品を残しています。でも、やっぱり「忘却の空」が一番のおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました