マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

Hey miss girl very found of child(six Ugly)・Dir en grey

音楽

『six Ugly』はDir en greyの作品です。ミニアルバムなので6曲収録されています。当時は、何故このタイミングでミニアルバムなのかとも思いましたが、前回の『鬼葬』よりも、こちらの方が脱ヴィジュアル系という感じがしました。サウンドもハードロックって感じだったのと、これまでとは違い、ヴィジュアル系の曲といった感じではなかったです。ウィキペディアに概要が載っていました。

概要(ウィキペディア)

アルバム『鬼葬』発売後に発表されたミニアルバム。『鬼葬』の制作時点でこのアルバムを作ることは計画されており、制作段階から「とにかく全部ハードでヘビーなもの」というコンセプトがあった。そのため、アルバムの際にはどうしても考えてしまう曲順や全体のバランスといった点を今回は払拭できるように、ミニアルバムという形態にしたと語っている。また『鬼葬』での表現しきれなかった激しい部分、及びサウンドプロダクションの反省点も踏まえて制作したとのこと。

初回盤のみデジパック仕様。『鬼葬』と同じく、歌詞カードが隠されている。通常の歌詞カードよりふた回りほど小さい特殊サイズで、歌詞の反復を一切省くのみならず、様々な字体で凝縮させるように印字されているため読みづらくなっている。
「children」「秒「」深」の2曲は、歌詞とアレンジが異なる新バージョンで収録。
ジャケットのヒーローのような人物の名前は、京曰く「Mr.NEWSMAN」というらしい。

収録曲(ウィキペディア)

Mr.NEWSMAN
(作詞:京 作曲:Die 編曲:Dir en grey)
Die曰く、サビでの曲の雰囲気の変わる所や、曲全体の詰まり具合は気に入っているというナンバー。冒頭の「NEWSMAN GO HELL」の連呼はライブでは音源のものから現在ではDie本人のコーラスに変貌している。シングル「凌辱の雨」に、ライブバージョンが収録されている。

Ugly
(作詞:京 作曲:Shinya 編曲:Dir en grey)
デモ音源の段階から不思議な雰囲気であったという曲。「不思議な雰囲気はそのままに、ガンガンに乗れる曲」というアレンジを心がけたとのこと、手がけたShinya曰く、前作『鬼葬』の曲選の際にバンドの変化に乗り遅れて曲が採用されなかったことから、とにかくその方向性に持っていこうと作ってきたと語っている。

HADES
(作詞・作曲:京 編曲:Dir en grey)
薫のギターはこの曲のみかなり特殊な音の作り方をしている。裏でかなり声音が多用されており、16個ほどの声音を1つの音に聞かせているという[5]。またDieのギター・ソロパートが今アルバム中唯一登場してくる曲である。

umbrella
(作詞:京 作曲:Shinya 編曲:Dir en grey)
曲全体に渡ってコーラスとの掛け合いが多く用いられたナンバー。Shinyaは最初はサビの部分があまりに明るすぎて心配だったが結果的に上手くいったと思うと語っている。テレビ朝日系『モンキー!!モンキー!!』エンディングテーマ。

children
(作詞:京 作曲:Die 編曲:Dir en grey)
シングル「太陽の碧」収録曲の再アレンジ版。ギターのフレーズや歌詞など、大きく変化を遂げた楽曲になっている。

秒「」深
(作詞:京 作曲:薫 編曲:Dir en grey)
ミニアルバム「MISSA」収録曲の再アレンジ版。構成がコンパクトになり、ダウンチューニングによってよりヘヴィな楽曲に変貌している。歌詞は仮歌で響きの良い言葉を集め、それらを英語にして羅列しただけと京は語っている。「MISSA」も持ってはいましたが、だいぶイメージが違う曲となっています。この曲こそ脱ヴィジュアル系という感じがします。

「six Ugly」と同時にリリースされたのは「Child prey」という曲で、この曲はシングルとして発売されました。曲はロックナンバーといったかんじでした。詳しくは(ウィキペディア)にて調べました。

Child prey (3:51)
(作詞:京 作曲:薫 編曲:Dir en grey)
出だしからコーラスとキャッチーなサビで突き抜けていくハードロックナンバー。歌詞は初めて全英語詞で作られた曲であるが、ストーリー性よりはプリプロで歌った適当な言葉に合う単語を当てはめていった感じだと語っている。

YouTubeより

DIR EN GREY – CHILD PREY [PV] [SUB] [HD]

初めての全編英語詞でしたので、歌詞ではなく、音楽を聴かせたいのかなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました