マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

虹が掛かってから、今まで(2019・5・11)・L’Arc~en~Ciel

音楽

以下ウィキペディアより

1991年

2月、大阪で結成。結成当初のメンバーはtetsuyaさんを中心にhydeさん、hiroさん、peroさんの4人です。
4月18日、ヤンタ鹿鳴館で上記の4人による謎のセッション・バンドとしてライヴを行います。
5月30日、後に活動拠点を置いた難波ロケッツで、「L’Arc〜en〜Ciel」名義での初ライブを行います。
8月31日、市川CLUB GIOで関東での初ライブを行います。

1992年
3月10日、難波ロケッツで行われたライブにおいて、自主制作ライブビデオ『L’Arc-en-Ciel』を無料配布します。
同年3月16日の新宿LOFT公演においても同ビデオを無料配布します。
6月12日、難波ロケッツで行われたライブでギターのhiroさんが脱退して、後任としてkenさんが加入します。
10月1日、コロムビアから発売されたオムニバスアルバム『GIMMICK』に「VOICE」が収録されます。
これが自身の楽曲の初CD化となります。
11月25日、初の単独音源であるシングル「Floods of tears/夜想花」を1000枚限定発売し、予約のみで完売するという快挙。
12月30日に行われたOSAKA MUSEでのライブでドラムのperoさんが脱退します。

1993年
1月16日、peroさんの後任に元The HAREM Qのsakuraさんが加入します。
3月11日、コンサート「SONIC GIG」を恵比寿GUILTYにて開催します。
4月10日、Danger Crue Recordsからインディーズで1stアルバム『DUNE』の限定版を発売して、4月27日に通常版を発売します。
4月27日、コンサート「SONIC GIG II」を恵比寿GUILTYにて開催します。
5月31日付けのオリコンインディーズアルバムチャートで『DUNE』が1位を獲得します。
6月14日 – 7月3日、初のコンサートツアー「Close by DUNE」を開催し、8月1日には日清パワーステーションで最終公演「Close by DUNE FINAL」を開催します。
10月13日、ミュージック・クリップ集『TOUCH OF DUNE』を1万本限定で発売すると、オリコンインディーズビデオチャートで1位を獲得します。
11月9日 – 12月20日、コンサートツアー「FEEL OF DUNE」を開催します。

1994年
4月3日 – 4月15日、コンサートツアー「ノスタルジーの予感」を開催します。
4月8日から14回に渡り、テレビ埼玉制作のテレビ番組「ノスタルジーの予感」を放送します。
7月1日、1stビデオシングル「眠りによせて」でKi/oon Sony Records (現・Ki/oon Music) からメジャーデビューします。
7月7日、テレビ埼玉制作のテレビ番組「ノスタルジーの予感 第2章」を放送します。
7月14日、2ndアルバム『Tierra』を発売します。
7月14日 – 8月27日、コンサートツアー「Sense of time ’94」を開催します。
8月20日、LUNA-SEA、SOFT BALLET、BUCK-TICKによる合同ツアー「L.S.B.」の札幌公演へ、THE MAD CAPSULE MARKET’S、DIE IN CRIESと共にゲストアクトとして出演します。
10月21日、1stシングル「Blurry Eyes」を発売します。
12月1日、公式ファンクラブ「Ciel (シエル)」の入会受付を開始します。ちなみに、「Ciel」は、「空」という意味です。
12月1日、イメージビデオ『Siesta 〜Film of Dreams〜』を発売します。

1995年
2月1日、「Ciel」が正式に発足し、これを受けて1月24日 – 2月4日に発足記念ライブ「Ciel/winter ’95」を開催します。
5月21日、2ndビデオシングル「and She Said」を発売します。
5月21日 – 6月27日、コンサートツアー「in CLUB ’95」を開催します。
7月6日、2ndシングル「Vivid Colors」を発売します。
7月22日、渋谷公会堂で行われたイベント「SHOCK AGE SPECIAL ’95」に出演した際には、GLAYなどと競演しています。
7月30日、渋谷公会堂で「Rendez-vous前夜祭」を開催します。
8月22日、エフエムナックファイブ主催のライブイベント「彩の国秩父ミューズコンサート’95 NACK5 GO-ROCK」に出演した際には、黒夢、THE YELLOW MONKEY、SIAM SHADEと共演しています。
8月24日 – 8月31日、メンバー自身による全国キャンペーンイベント「Rendez-vous 1995 Summer」を開催します。
9月1日、3rdアルバム『heavenly』を発売します。
9月9日 – 10月4日、コンサートツアー「TOUR heavenly ’95」を開催します。
10月3日から、エフエムナックファイブの番組「MIDNIGHT ROCK CITY」の火曜パーソナリティを務めました (1996年3月26日まで)。
10月21日、3rdシングル「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」を発売します。
12月12日 – 12月25日、コンサートツアー「The other side of heavenly ’95」を開催します。
12月27日、「TOUR heavenly ’95」の最終公演として、初の日本武道館ライブ「TOUR heavenly ’95 final」を開催します。

1996年
3月21日、ライブビデオ『heavenly 〜films〜』を発売します。
4月3日 – 5月29日、コンサートツアー「Kiss me deadly heavenly ’96」を開催し、5月26日にはそれを挟み、東京ベイNKホールで「Kiss me heavenly deadly ’96 REVENGE」を開催します。
7月6日から、エフエム北海道の番組「FM ROCK KIDS」のパーソナリティを務めました(9月28日まで)。
7月8日、4thシングル「風にきえないで」を発売します。
8月26日 – 9月4日、コンサートツアー「BIG CITY NIGHTS ROUND AROUND ’96」を開催します。
10月7日から、TBSラジオで「ボンジュール! L’Arc〜en〜Ciel」を開始 します(1997年3月11日まで)。
10月17日、5thシングル「flower」を発売します。
11月21日、6thシングル「Lies and Truth」を発売します。
12月12日、4thアルバム『True』を発売して、初のオリコンアルバムチャート1位獲得とミリオンセラーを記録します。
12月23日 – (1997年)1月29日、コンサートツアー「CONCERT TOUR ’96〜’97 Carnival of True」開催しますが、これがsakuraさん在籍時最後のコンサートツアーとなってしまいます。

1997年
2月24日、sakuraが覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕され (後述)、事実上の活動中止となります。
10月17日、7thシングル「虹」を発売します。サポートドラムとして元ZI:KILL、DIE IN CRIESのyukihiroさんが参加します。
11月4日付けでsakuraさんが正式に脱退を発表します。
12月16日 – 12月18日、バンド名を「the Zombies」として、シークレットコンサートツアー「Live Tour NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS EVE」をライブハウスで開催しますが、あくまで「ラルクのコピーバンド」として登場し、新曲や他のアーティストのカヴァー演奏なども披露しました。
12月23日、初の東京ドームライブ「L’Arc〜en〜Ciel 1997 REINCARNATION」を開催します。当日に日本衛星放送 (現・WOWOW)で、開演から終演までの完全生放送が行われました。

1998年
1月1日付けで、yukihiroさんが正式なメンバーとして加入します。
1月28日、8thシングル「winter fall」を発売すると、2月9日付オリコンシングルチャートでシングル初の1位を獲得します。
2月25日、5thアルバム『HEART』を発売すると、2作目のオリコンアルバムチャート1位を獲得すると共に、初週の売上のみで2度目のミリオンセラーを達成しました。
3月25日、9thシングル「DIVE TO BLUE」を発売します。また、オリコンシングルチャートで2作目となる1位を獲得すると共に、初の2週連続1位を獲得します。
4月22日、ミュージック・クリップ集『A PIECE OF REINCARNATION』を発売します。
5月1日 – 7月21日、コンサートツアー「Tour’98 ハートに火をつけろ!」前半を開催します。
7月8日、10thシングル「HONEY」、11thシングル「花葬」、12thシングル「浸食 〜lose control〜」を同時発売すると、3枚で初動157万枚を売り上げ、同一アーティストが売り上げた最多初動セールスを記録します。発売2週目に「HONEY」が3作目オリコンシングルチャート1位を獲得して、「浸食 〜lose control〜」と共にオリコンシングルチャート1位と2位を独占します。
また、「HONEY」「花葬」がシングルにおいて初のミリオンセラーを突破し、その中でも「HONEY」は自身最高のセールスを記録しました。
9月3日 – 10月21日、コンサートツアー「Tour’98 ハートに火をつけろ!」後半を開催して、ツアー全体で23万人を動員します。
10月5日からニッポン放送で「L’Arc〜en〜CielのOH! DAIBA TO BLUE」を開始します。
10月7日、13thシングル「snow drop」を発売します。4作目のオリコンシングルチャート1位を獲得すると共に、通算3作目のミリオンセラーを記録します。
10月14日、14thシングル「forbidden lover」を発売します。5作目のオリコンシングルチャート1位を獲得し、前週に発売した「snow drop」と共に、史上初となる2度目のオリコンシングルチャート1位と2位の独占を達成します。
11月21日、全日本有線放送大賞を受賞。
12月4日、日本有線大賞最多リクエスト歌手賞、日本有線大賞を受賞。
12月23日、ライブビデオ『ハートに火をつけろ!』を発売します。
12月31日、第40回日本レコード大賞優秀作品賞を獲得。同時にNHK紅白歌合戦 (第49回) に初出場。曲目は「HONEY」。

1999年
3月、第36回ゴールデン・アロー賞音楽賞、グランプリ受賞。
3月20日開幕の全日本GT選手権 (参照)、および8月21日・22日開催の鈴鹿1000kmに参戦した「Castrol無限NSX」にスポンサーとして参加します。
4月3日、「OH! DAIBA TO BLUE」リニューアルスタート (同年6月26日終了)。
4月18日 – 7月4日、テレビ朝日系「イナヅマ!ロンドンハーツ」のエンディングで楽曲を演奏するコーナーに出演します。
4月21日、15thシングル「HEAVEN’S DRIVE」を発売します。6作目のオリコンシングルチャート1位を獲得すると共に、2度目となる2週連続1位 (12cmCD部門) を達成します。さらに、ノンタイアップながら通算4作目のミリオンセラーを記録しています。
6月2日、16thシングル「Pieces」を発売し、7作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
7月1日、6thアルバム『ark』、7thアルバム『ray』同時発売します。2枚合算で初動300万枚以上を売り上げ、同一ミュージシャンが売り上げた最多初動セールスを記録しました。また、『ark』が3作目のオリコンアルバムチャート1位を獲得し、『ray』と共にオリコンアルバムルチャート1位と2位の独占を2週に渡って達成しました。さらに、両作がダブルミリオンを超える売り上げを記録し、また、この日から8月31日まで62日間限定サイト「arkray.com」を展開。
7月17日 – 8月21日、野外ライブツアー「1999 GRAND CROSS TOUR」を開催します。東京公演では1公演につき12万5千人 (2日間で延べ25万人) の観客を、ツアー全体では65万人を動員します。また、8月21日の東京公演はViewsic (現・MUSIC ON! TV)でアジア各国同時の生放送が行われました。
8月11日 17thシングル「Driver’s High」を発売します。
ミュージック・クリップ集『CHRONICLE』を発売します。
10月4日からTOKYO FM系「やまだひさしのラジアンリミテッド」内のコーナー「FLYING〜L’Arc〜ATTACK」を担当します。
10月27日、18thシングル「LOVE FLIES」を発売します。8作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
12月1日、ライブビデオ『1999 GRAND CROSS CONCLUSION』を発売して、オリコンDVD総合チャートで初の1位を獲得します。
12月7日、1999年度ベストドレッサー賞受賞。
12月31日 第50回NHK紅白歌合戦に2度目の出場。曲目は「HEAVEN’S DRIVE」。
初のカウントダウンライブ「RESET>>LIVE *000」を開催しています。協賛はツーカー。

2000年
公式ファンクラブ「Ciel」が「LE-CIEL (ルゥ シエル)」に改称されます。
1月19日、19thシングル「NEO UNIVERSE/finale」を発売します。
9作目のオリコンシングルチャート1位を獲得すると共に5作目のミリオンセラーを記録します。
現時点でこの作品がL’Arc〜en〜Cielのラストミリオンセラーシングルとなっている。
6月28日、yukihiroプロデュースのリミックス・アルバム『ectomorphed works』を発売。
7月19日 20thシングル「STAY AWAY」を発売。
プレイステーション用ゲームソフト『激突トマラルク』を発売。
8月30日、8thアルバム『REAL』を発売します。4作目のオリコンアルバムチャート1位、並びに5作目のミリオンセラーを達成します。
10月8日 – 10月27日、ライブハウスツアー「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE」を開催します。
11月4日 – 12月6日、初の4大ドームツアー「TOUR 2000 REAL」を開催します。協賛はトヨタ自動車、Yahoo! JAPAN。40万人以上を動員する。東京ドームでの4公演のうち、12月5日公演はYahoo! JAPAN内のコンテンツ「Yahoo!ブロードキャスト」で配信され、12月6日公演はスカイパーフェクTVのペイ・パー・ビューチャンネル、パーフェクト・チョイスで、通常形態の放送+メンバー4人のアングル別チャンネルで生放送が行われました。
12月31日、第51回NHK紅白歌合戦に3回目の出場。曲目は「STAY AWAY」。

2001年
3月14日、Yahoo! JAPANとのジョイント企画で初のベスト・アルバム『Clicked Singles Best 13』を発売します。5作目のオリコンアルバムチャート1位を獲得し、並びに6作目のミリオンセラーを達成しました。現時点でこの作品がL’Arc〜en〜Cielのラストミリオンセラーアルバムとなっている。
3月28日、ミュージック・クリップ集『CHRONICLE 2』を発売します。2作目のオリコンDVD総合チャート1位を獲得します。
6月20日、ライブビデオ『CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-』を発売します。
7月4日、8thアルバム『REAL』のSuper Audio CD版を発売します。
8月29日、東京国際フォーラムで行われた、映画『ファイナルファンタジー』の試写会にシークレット出演し、「Spirit dreams inside」を披露。
9月5日、21stシングル「Spirit dreams inside -another dream-」を発売します。10作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。

実質の活動休止状態に入り、各個人がソロ活動を開始。
2002年
3月28日、「FLYING〜L’Arc〜ATTACK」レギュラー放送終了します。

2003年
3月19日、ベスト・アルバム『The Best of L’Arc〜en〜Ciel』を「1994-1998」「1998-2000」「c/w」の3枚同時発売します。
6月28日 – 7月6日、国立代々木競技場・第一体育館でのコンサート「Shibuya Seven days 2003」を開催します。チケットは約3分で完売し、7日間で約9万人を動員しました。最終日は世界初の試みとして、NTTドコモのFOMAを用いたライブ映像のストリーミング配信を行っています。
12月17日、ライブビデオ『7』を発売。同時に『眠りによせて』-『heavenly 〜films〜』のDVD版、『A PIECE OF REINCARNATION』『ハートに火をつけろ!』のトールケース仕様廉価版を発売しました。
12月26日、日本武道館で行われたマーヴェリック・ディー・シー主催のイベント「天嘉 弐 -DANGER II-」にシークレットゲストとして参加します。新曲「READY STEADY GO」を初披露しました。

2004年
2月4日、22ndシングル「READY STEADY GO」を発売します。11作目のオリコンシングルチャート1位を獲得し、2年7ヶ月振りに本格的な活動を開始します。
3月3日、23rdシングル「瞳の住人」を発売します。12作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
3月31日、9thアルバム『SMILE』を発売します。
4月21日、アルバム『DUNE 10th Anniversary Edition』を発売します。
5月11日 – 6月27日、3年6ヶ月振りとなるコンサートツアー「SMILE TOUR 2004」を開催し、25万人を動員しています。
6月2日、24thシングル「自由への招待」を発売します。13作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
7月24日・25日、大阪ドームおよび横浜国際総合競技場で行われたロックフェスティバル「THE ROCK ODYSSEY 2004」へ出演し、12曲を披露しています。
7月30日、アメリカ合衆国・メリーランド州ボルチモア、ファースト・マリナー・アリーナで行われたアニメコンベンション「OTAKON 2004」の一環で、初の海外コンサート「Live in USA」を開催します。
12月14日、ライブビデオ『LIVE IN U.S.A 〜at 1st Mariner Arena July 31, 2004〜』を発売します。
12月19日、大阪城ホールで行われた「鋼の錬金術師FESTIVAL」にシークレットゲストとして参加します。
12月25日、「天嘉 参 -DANGER III-」にスペシャルゲストとして参加し、新曲「Killing Me」を披露。
12月26日、国立代々木競技場・第一体育館で行われた「鋼の錬金術師FESTIVAL」にシークレットゲストとして参加。

2005年
1月13日、25thシングル「Killing Me」を発売します。14作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
4月6日、26thシングル「New World」を発売します。15作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
5月18日、27thシングル「叙情詩」を発売します。16作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
6月1日、ライブビデオ『SMILE TOUR 2004 〜全国編〜』を発売します。3作目のオリコンDVD総合チャート1位を獲得します。
6月22日、10thアルバム『AWAKE』を発売します。6作目のオリコンアルバムチャート1位を獲得します。
7月8日、ニッポン放送の深夜ラジオ番組、「オールナイトニッポン」のパーソナリティを1夜限りで務めます。
7月20日、28thシングル「Link」を発売。
7月22日、東京国際フォーラムで行われた「『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』前夜祭」にスペシャルゲストとして出演します。
7月28日、単発ライブ「AWAKE TOUR 2005前夜祭 「今夜奇跡が起きる!?」」を開催します。
7月29日、大阪城西の丸庭園で行われたイベント「MBS ANIME FES.’05」にシークレットゲストとして参加し、3曲を披露します。
8月6日 – 8月31日、コンサートツアー「AWAKE TOUR 2005」を開催、13万2千人を動員します。
9月3日 – 9月25日、大韓民国・中華人民共和国・日本のアジア地域3カ国を回るコンサートツアー「ASIALIVE 2005」を開催します (韓国・上海では各1万人、東京では2日間で9万2千人を動員)。

10月5日、HYDEさんがソロシングル「COUNTDOWN」を発売し、翌年9月まで再びソロ活動に入る。

12月14日、ライブビデオ『AWAKE TOUR 2005』を発売。
12月25日、tetsuyaさんが元DEAD ENDのボーカル、MORRIEさんのソロプロジェクト「Creature Creature」にサポートベーシストとして参加することを発表します。

2006年
結成15周年企画の「L’Anniversary」を開始します。関連商品・イベントにはそれを示すマークが付与されました。
6月21日、ライブビデオ『ASIALIVE 2005』を発売します。4作目のオリコンDVD総合チャート1位を獲得します。
7月15日から8月31日にかけ、J-POP CAFE SHIBUYAで「L’Arcafe」を開催します。メンバー考案のオリジナルメニュー販売のほか、過去の未公開ライブ映像(後にDVD-BOX『FIVE LIVE ARCHIVES』へ収録)も公開されました。
8月30日、「Blurry Eyes」から「forbidden lover」までの14枚のシングルと、未発売だったシングル「the Fourth Avenue Café」(29thシングル) を12cmシングル化し発売[105]。この再発売によって、前年にサザンオールスターズが記録した「同一アーティストによるオリコンシングルチャートTOP30入り」の記録を12から15へ伸ばした。
11月25日・26日、東京ドームで結成15周年記念ライブ「15th L’Anniversary Live」を開催します。チケットは約2分で完売し、2日間で約11万人を動員しました。
12月13日、アルバム『ark』『ray』に特典DVDを付属した『ark 15th Anniversary Expanded Edition』『ray 15th Anniversary Expanded Edition』を発売します。

2007年
2月14日、ミュージック・クリップ集『CHRONICLE 0 -ZERO-』を発売します。
4月4日、DVD-BOX『FIVE LIVE ARCHIVES』を発売。
5月30日、30thシングル「SEVENTH HEAVEN」を発売し、活動を再開します。17作目のオリコンシングルチャートで1位獲得します。
6月8日 – 8月30日、9年ぶりとなるホールツアー「Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!」を開催します。
7月28日、韓国・仁川広域市で行われたロックフェスティバル「2007 INCHEON PENTAPORT ROCK FESTIVAL」の2日目にヘッドライナーとして出演し、15曲を披露します。
8月29日、31stシングル「MY HEART DRAWS A DREAM」を発売します。18作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
9月12日、ライブビデオ『15th L’Anniversary Live』を発売します。5作目のオリコンDVD総合チャート1位を獲得します。
10月10日、32ndシングル「DAYBREAK’S BELL」を発売します。19作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
11月14日、33rdシングル「Hurry Xmas」を発売します。
11月21日、11thアルバム『KISS』を発売します。7作目のオリコンアルバムチャート1位を獲得します。
12月5日、ミュージック・クリップ集『CHRONICLE 3』を発売します。
12月22日 – (2008年)2月17日、コンサートツアー「TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS」を開催します。

2008年
4月2日
34thシングル「DRINK IT DOWN」を発売します。20作目のオリコンシングルチャート1位を獲得します。
ライブビデオ『Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ! in OKINAWA』を発売します。
4月12日、MySpace上で「L’Arc〜en〜Ciel Official MySpace」を開設します。
4月19日 – 6月8日、中華人民共和国・台湾・フランス・大韓民国・香港・東京・大阪の全7会場を回るコンサートツアー「TOUR 2008 L’7 〜Trans ASIA via PARIS〜」を開催し、約30万人を動員します。
5月9日のパリ公演の模様は、東京・大阪・福岡・広島・新潟の全国5箇所のシネマコンプレックスにおいて、世界初となる海外コンサートの同時中継が行われました。
5月13日の読売新聞朝刊でニューシングルの発売と、2011年に控える結成20周年記念ライブの開催を発表します。これに関連し、記念ライブまでのライブ活動の休止を発表しました。
8月27日 35thシングル「NEXUS 4/SHINE」を発売します。
ライブビデオ『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』を発売します。6作目のオリコンDVD総合チャート1位を獲得します。
11月26日、33rdシングル「Hurry Xmas」の2008年版を発売しました。

2009年
2月25日、ミュージック・クリップ集『CHRONICLE 4』を発売します。
3月25日、ドキュメンタリー・ビデオ『DOCUMENTARY FILMS 〜Trans ASIA via PARIS〜』を発売します。
5月20日、ライブビデオ『LIVE IN PARIS』を発売します。当時の男性アーティストとしては歴代1位タイとなる、7作目のオリコンDVD総合チャート1位を獲得します。
5月22日 – 5月24日、ドキュメンタリー・ビデオ『DOCUMENTARY FILMS 〜Trans ASIA via PARIS〜』・ライブビデオ『LIVE IN PARIS』・写真集『á Paris』(カジュアル仕様)の発売記念イベントとして、赤坂サカスにて「L’Arc〜en〜Ciel MUSEUM」を開催。
9月2日、ベスト・アルバム『Clicked Singles Best 13』のブルースペックCD版を発売。
12月1日、tetsuyaが自身のアーティスト名を「tetsu」から現在の「tetsuya」へ改名。
12月9日、33rdシングル「Hurry Xmas」の2009年版を発売。

2010年
1月27日、36thシングル「BLESS」を発売。
3月10日、ベスト・アルバム『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』を発売します。
3月31日 ライブビデオ『TOUR 2008 L’7 〜Trans ASIA via PARIS〜』を発売します。
「I Love Rock’n Roll」の着うたフル、着うたフルプラス、PCでの配信を開始します。
11月24日、33rdシングル「Hurry Xmas」の2010年版を発売。
12月31日、第61回NHK紅白歌合戦に4度目の出場。曲目は「BLESS」

2011年
1月1日、ニューイヤーライブ「20th L’Anniversary Starting Live “L’A HAPPY NEW YEAR!”」を幕張メッセにて開催します。なお、ライブの模様は当日の19:00 (JST) からUstreamで生中継が行われ、直前に出演したNHK紅白歌合戦の会場・NHKホールからの移動などの様子も中継されました。
2月16日、ベスト・アルバム『TWENITY』「1991-1996」「1997-1999」「2000-2010」の3枚同時に発売します。
3月9日、上記のCD3枚とDVDおよび特典を付属した『TWENITY BOX』をリリースします。
3月29日、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震 (東日本大震災) を受け、オフィシャルHP上にてメンバー・スタッフのコメントを掲載します。併せて、5月開催の「20th L’Anniversary LIVE」の全収益を震災の義援金として寄付することを発表しました。
4月6日、DVD-BOX『FIVE LIVE ARCHIVES 2』を発売します。
5月28日・29日、味の素スタジアムで結成20周年記念ライブ「20th L’Anniversary LIVE」を開催します。同公演は日本国内の映画館40ヶ所、およびフランス (パリ)・イギリス (ロンドン)・アメリカ合衆国 (ニューヨーク)・中華民国 (台北市)・中華人民共和国 (香港)・大韓民国 (ソウル特別市、2会場) の7ヶ国でライブビューイングが開催されました。
6月27日・28日、ニコニコ生放送で24時間 (27日20:00 – 28日20:00、JST) に渡り、ミュージック・クリップ44曲を含む123曲およびライブビデオ『TOUR 2008 L’7 〜Trans ASIA via PARIS〜』からの映像を連続放送。28日の19:00からはメンバー4人が生放送へ出演し、19:30からは東京・大阪・名古屋の3都市にある街頭ビジョンで生中継が行われました。
6月29日、37thシングル「GOOD LUCK MY WAY」を発売。
7月21日 – 8月31日にかけ、SPACE SHOWER TV THE DINERで「L’Arcafe」を開催。
9月10日 – 12月4日、コンサートツアー「20th L’Anniversary TOUR」を開催。12月4日の京セラドーム大阪公演は、日本国内の映画館54ヶ所および中華人民共和国 (香港)・中華民国 (台北市、台中市、高雄市) ・大韓民国 (ソウル特別市) の3ヶ国で生中継が行われました。
9月23日、日本武道館で開催された「テレビ朝日ドリームフェスティバル2011」へ出演し、10曲を披露します。
10月12日、38thシングル「X X X」を発売します。21作目のオリコンシングルチャート1位を獲得し、これにより、ロックバンドとして史上3組目となる1990年代・2000年代・2010年代の「3つの十年代連続」でシングル1位獲得を達成します。
12月21日、39thシングル「CHASE」を発売します。
12月28日、ライブビデオ『20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-』『-Day 1-』『-Day 2-』を発売します。男女通じてバンドグループでは史上3組目となるDVD総売上100万枚突破を記録。映像作品全体(VHS+DVD)ではダブルミリオンを達成しました。
12月31日、第62回NHK紅白歌合戦に5度目の出場。曲目は「CHASE」

2012年
2月8日、12thアルバム『BUTTERFLY』を発売します。8作目のオリコンアルバムチャート1位を獲得します。
3月3日 – 5月5日、4年振りとなるワールドツアー「WORLD TOUR 2012」を香港、上海、ソウル、台北、バンコク、シンガポール、ジャカルタ、ニューヨーク、ロンドン、パリの海外10都市にて開催します。3月25日のマディソン・スクエア・ガーデン公演は、日本人のミュージシャンとして初めて単独公演が行われました。また、アメリカ公演の模様は、日本全国29ヶ所の映画館で3月26日午前9時から生中継され約1万5000人を動員しました。
4月20日、自身が所属するキューンミュージックの20周年記念イベント「キューン20 イヤーズ&デイズ」の一環として、LIQUIDROOM ebisuで7年ぶりとなるライブハウス公演「一夜限りのL’Arc〜en〜Ciel Premium Night」を開催します。公演は12thアルバム『BUTTERFLY』に付属するIDを特設サイト上で入力し、抽選によって獲得できる「公演チケット (777人)」と「Ustream上の生中継アクセスコード (10万人)」のいずれかの当選者が見ることを可能としました。
5月12日 – 5月27日、コンサートツアー「20th L’Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」を開催します。ツアー最終の国立霞ヶ丘陸上競技場公演は、ミュージシャンとしては史上4組目、ロックバンドでは初となりました。
5月23日、「X X X -English version-」、「CHASE -English version-」の着うたフル、着うたフルプラス、PCでの配信を開始。
5月31日、ホノルル・ワイキキシェルで初のハワイ公演「L’Arc〜en〜Ciel 20th L’Anniversary Year Live in Hawaii」を開催します。日ハワイの友好関係向上の架け橋になったとして、ホノルル市が同日を「L’Arc〜en〜Cielの日」(L’Arc〜en〜Ciel DAY) と制定しました。
6月3日 – 6月10日、東京・銀座のソニービル内の「OPUS」において、「L’Arc-en-Ciel PREMIERE SCREENING Supported by Sony and Ki/oon Music」を開催しました。
6月9日 – 7月8日、横須賀美術館で結成20周年特別展「L’Arc〜en〜Ciel 20th L’Anniversary EXHIBITION」を開催しました。
6月13日
トリビュート・アルバム『L’Arc〜en〜Ciel Tribute』を発売します。
ライブビデオ『LIVE TWENITY』を発売します。
11月7日、ソニー・ミュージックエンタテインメントがiTunes Storeへ参入したことに伴い、同所での楽曲配信を開始します。
12月26日、ライブビデオ『WORLD TOUR 2012 LIVE at MADISON SQUARE GARDEN』を発売します。

2013年
3月20日、ライブビデオ『20th L’Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL LIVE at 国立競技場』を発売。
8月7日、iTunes Storeが同日に開始した「iTunesライブビデオ」において『LIVE TWENITY』の配信を開始。

2014年
2月26日、BD-BOX『L’Aive Blu-ray BOX -Limited Edition-』を発売します。
3月19日、『heavenly 〜films〜』から『WORLD TOUR 2012 LIVE at MADISON SQUARE GARDEN』の全18作品のBlu-ray Disc版を発売します。
3月21日・22日、1年10ヶ月ぶりとなる国立霞ヶ丘陸上競技場でのライブ「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」を開催すると、スタンド、フィールド含め8万人 (2日間で延べ16万人)を動員し、ライブにおける国立競技場の最多動員数となりました。本公演の模様は日本国内の映画館37ヶ所で生中継された他、イギリス、フランス、アメリカ、メキシコ、台湾、香港の海外20都市でもライブビューイングが実施されました。
5月29日、国立霞ヶ丘陸上競技場で開催されるライブイベント「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」の2日目公演に出演し、9曲を披露しました。
7月23日、4K対応液晶テレビ「BRAVIA」とライブビデオ『L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場』のコラボレーション企画「BRAVIA 4K×L’Arc〜en〜Ciel」開始します。東京・大阪・愛知のソニービル他全国約1800店の家電販売店にて4K編集によるダイジェスト映像が順次上映されました。10月3日からは、JR品川駅中央改札内のソニーショーケースでも上映されています。12月5日には、このコラボ施策が「国際3D先進映像協会」による「グッドプラクティス・アワード2014」の4K部門本賞に選出されました。
8月13日、完全受注生産限定作品「EVERLASTING」を発売。
10月2日、音楽配信サイトのmoraおよびVICTOR STUDIO HD-Music.において、楽曲のハイレゾリューションオーディオ (ハイレゾ音源) 配信を発表。10月10日から「EVERLASTING」を、10月22日から『DUNE』以降のアルバム作品12作をFLAC形式 (96kHz/24bit) で配信開始しました。
10月10日 – 11月2日、東京・銀座のソニービル内の「OPUS」において、ライブビデオ発売及びハイレゾ配信を記念した「4K&ハイレゾで感じる、新次元の美しいL’Arc〜en〜Ciel」を開催します。
11月12日、ライブビデオ『L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場』を発売します。オリコンBD総合チャートで初の1位を獲得。また、音楽DVDとBDの週間売上枚数を合算したミュージックDVD・BDランキングにおいても初の首位獲得となった。
12月5日、2012年のツアー「WORLD TOUR 2012」の模様を収めたドキュメント映画『Over The L’Arc-en-Ciel』を公開。12月12日までの期間限定公開となる。

2015年
4月15日、ドキュメンタリー・ビデオ『DOCUMENTARY FILMS 〜WORLD TOUR 2012〜「Over The L’Arc-en-Ciel」』を発売します。

9月21日・22日、大阪・夢洲でライブ「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」を開催します。夢洲地区がコンサート会場として利用されるのはこの時が初となります。本公演の模様は日本国内の映画館37ヶ所で生中継された他、中華人民共和国、中華民国、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、アメリカ、フランス、メキシコ、ペルー、チリ、アルゼンチン、コロンビア、コスタリカ、グアテマラの海外15ヵ国でもライブビューイングが実施されました。
11月5日、「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」のライブ音源のハイレゾ配信を翌月開始するに伴い、東京・大阪・愛知のソニービルに設置された「Hi-Res Tasting Spot」で先行試聴企画を開始します。12月2日からは全国の家電販売店でも先行試聴が開始されました。
12月23日 40thシングル「Wings Flap」を発売します。
音楽配信サイトのmoraおよびVICTOR STUDIO HD-Music.において、「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」で演奏された「Driver’s High」、「MY HEART DRAWS A DREAM」、「X X X」、「Wings Flap」、「HONEY」、「READY STEADY GO」のライブハイレゾ音源の配信を開始します。ライブ音源のハイレゾ配信は自身初のこととなります。

2016年
9月13日、新曲「Don’t be Afraid」の完成を発表します。また、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより、カプコン社のゲーム『バイオハザード』とのコラボ企画となります、PlayStation VR向けミュージックビデオ「Don’t be Afraid -Biohazard×L’Arc-en-Ciel on PlayStation VR-」が併せて発表されました。本作はPlayStation Storeにて11月17日に配信されています。さらに、本作の先行体験版が10月13日に配信されました。なお、本作は世界初のPlayStation VRのフルデジタイズ360°MVソフトとなります。
11月8日、新曲「Don’t be Afraid」がソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント製作である、上記ゲームの実写映画『バイオハザード: ザ・ファイナル』の日本語吹き替え版主題歌になることが発表されました。
11月25日、「Don’t be Afraid -English version-」の音楽配信サイトmora、iTunes Store、レコチョクでの配信を開始。同日mora、VICTOR STUDIO HD-Music.、e-onkyoでハイレゾ音源の配信も開始されました。
12月21日、41stシングル「Don’t be Afraid」を発売します。

2017年
3月1日、ライブビデオ『L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO』を発売。
3月29日、iOS、Android向け位置情報ゲームアプリ「L’Arcollection」の配信を開始(配信は同年4月7日迄)します。アーティストのオリジナル位置情報ゲーム配信は世界初となりました。
4月8日・9日、東京ドームで結成25周年記念ライブ「25th L’Anniversary LIVE」を開催しました。同公演は日本国内の映画館50ヶ所、および中華人民共和国、中華民国、韓国、タイ、インドネシア、メキシコ、コロンビア、コスタリカ、ペルー、グアテマラの10ヶ国でライブビューイングが開催されました。

2018年
3月14日、iTunesライブビデオにおいて『15th L’Anniversary Live』『20th L’Anniversary LIVE -Day1-』『20th L’Anniversary LIVE -Day2-』の配信を開始しました。
3月28日、ライブアルバム『25th L’Anniversary LIVE』を発売します。キャリア初のライブ音源が単独で収録されたCD作品のリリースとなりました。
5月30日、ライブビデオ『25th L’Anniversary LIVE』を発売。2作目のオリコンBD総合チャート1位を獲得。また、音楽DVDとBDの週間売上枚数を合算したミュージックDVD・BDランキングにおいても2度目の首位獲得となりました。
12月12日 – 12月17日、代々木公園のイベント広場野外ステージでイベント「L’ArChristmas Park」を開催します。
12月19日・20日、東京ドームでライブ「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2018 L’ArChristmas」を開催します。同公演は日本国内の映画館50ヶ所、および台湾、香港、韓国でライブビューイングが開催された。

歴史はこれからも続いていくんでしょうね。2019年5月11日時点での年表ですから、これから先の事はわかりません。また、足していく事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました