マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

また 春に会いましょう・hide with Spread Beaver

音楽

「hide with Spread Beaver」は名前から推測できるのではないでしょうか?XJapanのギタリスト(元)のhideさんです。YOSHIKIさんも24時間テレビに、ノーギャラで出演したり、hideさんが生前、ファンのために色々やったり、少なくとも、日本のどのミュージシャンよりもファン想いです。

せっかくなのでhideさんについて、調べてみました。

どんな人物だったのでしょう?

少年時代は肥満から来るコンプレックスのため、内気で大人しい子供だったそうです。
小学生のころ、太っている生徒は休み時間に校庭を走らされるという罰があり、その中にhideさんも入っていたそうです。

中学時代、祖母にギブソン製エレキギターを買ってもらいバンドを組むも活動はしておらず、そのまま県内屈指の進学校の高校へと進学したそうですが、高校が「エレキ禁止」であったためにバンドを組めずにいたのですが、横須賀のどぶ板通りに通うようになり、そこで出会った友人らとX加入以前に活動していた唯一のバンド、「サーベルタイガー」を組んで活動します。

また、「おばあちゃん子」であったhideさんは美容院を営んでいた祖母からの影響を少なからず受けていて、Xデビュー当時は祖母のサリーをステージ衣装として借りていたこともあるようです。若作りで派手な人であったために、後のファッションなどの基盤となったそうです。

高校卒業後に、ハリウッドビューティ専門学校へと進み、卒業して実際に美容院で働いてもいたそうです。「サーベルタイガー」を解散した時には、全ての音楽活動からは足を洗って美容師として生きていこうと決心し、いくつかのバンドから誘いがあったのをすべて断っていましたが、結局はYOSHIKIさんの誘いでXに加入する事になります。

テレビやゲームが好きであり好んで視聴したり遊んだりしていたそうです。またコンピュータに強い興味を示しており、90年代前半には、すでにライブでパソコンを使ったギミックを披露しています。1995年には自身で製作したホームページを開設しています。テレビ番組の中では特にお笑い番組が好きで、当時人気を誇っていた「ダウンタウンのごっつええ感じ」などがお気に入りだそうで、ダウンタウン(特に松本人志)のファンでもあったようです。また、スーパーファミコンソフト『スターフォックス』にはまっていて、ソロデビュー・シングルの『EYES LOVE YOU』のミュージック・ビデオは、そこから得たアイディアを取り入れているそうです。

hideさんの死について

1998年5月1日、hideはSpread Beaverのメンバーと共にフジテレビ音楽番組「ロケットパンチ!」の収録を行います。(その際に披露した曲は「ROCKET DIVE、ピンクスパイダー、ever free、DOUBT’97」)。
これが生前最後に収録した番組となってしまいます。その打ち上げ後、日付をまたいで更に飲み、泥酔したhideはマネージャーの弟・裕士さんが運転する車で自宅マンションまで送らます。

5月2日朝7時30分頃、hideさんは自宅マンション寝室のドアノブに掛けたタオルで首を吊った状態で発見されました。その後、病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認され、当日午後3時頃から、「元X JAPANのギタリストhideが死亡、警視庁は自殺と断定」と速報で報道されていますが、警察がこの時に、きちんと裏を取るべきでした。

「HURRY GO ROUND」の歌詞や、ラジオ番組「オールナイトニッポンR」での発言が意味深長で自殺に関連するのではないかという見方や、はたまた事故ではなく自殺だと断言している人間の存在までもあり、様々な見解があります。
警察は雑誌取材などに「『牽引』にしては首の輪が小さく、むしろ死を意図するものであったとしています。また、『バンドや音楽活動で悩み酒量が増えていた』と聞いており、突発的に死に踏み切ったのだと思われる」と答えています。「故意による自殺」か、「不慮の事故」かは不明であり、遺書や「死にたい」と自殺をほのめかす発言がない事や、ドアノブに柔らかいタオルで自殺する方法は珍しい事から、不慮の事故とする説があります。YOSHIKIさんは「彼は自殺するような人間ではない」と発言しています。

1998年10月24日 hideさんが不在の中行われた hide with Spread Beaver TOUR appear!! “1998 TRIBAL Ja,Zoo” 公演前に行われた記者会見で、マネージャーの裕士さんは「hideは生前、ひどい肩こりと偏頭痛に悩まされており、整骨医が行う首の牽引によるストレッチをしていた。いつものように牽引していたが、帰国直後の時差ボケと、泥酔状態であったために起こった事故であり自殺ではない」ことを改めて発表していますが、このことを知らない人が多過ぎるので、hideさんは自殺したと思う人が多いままです。

hideさんの遺体は5月3日に東京都中央区築地の築地本願寺に安置されたそうです。夕方、YOSHIKIさんがロサンゼルスから帰国し成田空港から築地本願寺に直行。YOSHIKIさんは最初これを「悪い冗談じゃないか」とも思っていたが、飛行機の中での正式な報道を見た瞬間に現実であることを受け入れ号泣したとされています。

翌5月4日、週が明け本格的にワイドショーなどで大々的に取り上げられます。築地本願寺にファンが集まり始め、その数は5万人規模となる。夕方にYOSHIKIさんが寺の正面に姿を現し、報道陣を前にメッセージを発表しました。
5月5日には、関係者のみ300人を集め密葬がとり行われました。その間もファンは絶え間無く押し寄せ、その数は数千人にもふくれ上がったようです。また、疲労と心労が重なったファンが次々と倒れ、救急車で病院に搬送されました。

5月6日の通夜、5月7日の告別式の両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せたようです。中には単なる通行人や野次馬もいたとされますが、通夜、告別式に5万人近くが集まったとされていて、この数字はめでたくはないですが、弔問客の数は美空ひばりさんの3万5千人を抜いて、日本の芸能界1位です。
隅田川沿いに2 – 3kmのファンの列が出来たことも報道されていました。「ファンは列に並ぶ際、パニックになるようなことも無く、むしろ近隣住民の迷惑にならないようにゴミ拾いまで進んで行う素行の良さであった」(これは自分たちが取り乱すと、hideや他のメンバーが恥をかく、hideに死んでまで恥をかかせるわけにはいかないと、誰かが言い出したことがきっかけだと言われています。)と葬儀翌日の朝日新聞・天声人語に掲載されている他、本社が築地にあるという場所柄、「銀座の花屋が空になった」「地下鉄の車内は花の香りでむせかえるほどだった」等の記者の証言が数多く残されています。

5月7日の告別式はテレビで生中継されました。告別式には、脱退したTOSHIさん、TAIJIさんを含む元X JAPANメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者が列席しました。築地本願寺開山以来初めてのグランドピアノ持ち込みによるYOSHIKIさんの伴奏で、TOSHIさんがX JAPANの「Forever Love」を歌いました。hideさんの「GOOD BYE」が流される中、午後3時40分出棺。道路に交通規制が掛けられ一般車両を完全に止めた状態でしたが、ファンが大挙して道路に広がり霊柩車を追いかける者まで現れる非常事態となり、築地本願寺周辺がパニック状態になりました。

その後、hideさんは渋谷区の代々幡斎場で荼毘に付されました。代々幡斎場周辺も築地本願寺同様ファンが大挙して道路に広がり霊柩車が斎場に到着するシーンも追いかける者まで現れる非常事態となります、もちろんこれもパニック状態になりました。法名秀徳院釋慈音(しゅうとくいん しゃくじおん)。遺骨は四十九日法要をもって、神奈川県三浦市の三浦霊園に納骨され、一部はロサンゼルスの海に当時のzilchのメンバーや弟・裕士さんによって散骨されました。

2013年3月に、何者かの手によってhideの墓石が刃物のような物で傷を付けられるという事態が発覚します。そのため、器物損壊罪で調査を行うこととなりました。

十三回忌にあたる2010年5月2日には、築地本願寺で法要が行われた。法要には約35000人の関係者やファンが参列したそうです。

死んでもファンをまとめ上げた、hideさんは、日本のミュージシャンの鏡です。

発売されたシングル(ウィキペディア)

1st
1993年8月5日
EYES LOVE YOU

2nd
1993年8月5日
50%&50%

3rd
1994年1月21日
DICE

4th
1994年3月24日
TELL ME

5th
1996年6月24日
MISERY

6th
1996年8月12日
Beauty & Stupid

7th
1996年12月18日
Hi-Ho/GOOD BYE

8th
1998年1月28日
ROCKET DIVE

9th
1998年5月13日
ピンク スパイダー

10th
1998年5月27日
ever free

11th
1998年10月21日
HURRY GO ROUND

12th
2000年1月19日
TELL ME (hide with Spread Beaver)

13th
2002年7月10日
In Motion

数々の逸話を残したhideさん。ちなみに、「死ぬ気でやれよ。死なねえから!」は僕も気に入っています。逸話を残していますが、本業はミュージシャンですし、曲も良いですよ。カッコいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました