マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

名言が多いアニメ・機動戦士ガンダム



このアニメは名言が多くあります。主人公でひょんなことから、ガンダムのパイロットとなった、アムロ・レイの名セリフです。

第9話:ブライトに殴られた後(2回殴られる)
「殴ったね!」「2度もぶった!親父にも殴られたこと無いのに!」
使い時が難しいセリフです。有名なだけにギャグとしてしか使えないというデメリットがありますし、自立できていないという印象を与える事になります。

第20話:アムロを励まそうとするリュウに対して
「一人でムキになったって、人間が変わるもんか」
最早、開き直っていますね。こうなってしまうと何を言っても同じではないでしょうか?

第41話:ララァを死なせてしまったことに対して
「と‥取り返しのつかないこと…  取り返しのつかないことをしてしまったァァァ」
展開が少年向けの内容じゃないですよね。昔だから許されるのでしょうか。

第43話:ア・バオア・クーからコアファイターでの脱出時
「ごめんよ。 まだ・・僕には帰れるところがあるんだ・・・こんなに嬉しい事はない。」名言と言うよりもこの時のシーンが感動的ですよね。ア・バオア・クーでの首が無いガンダムの戦闘は名シーンです。

主人公のライバルである敵(ジオン軍)のエースパイロット、赤い彗星と呼ばれるシャア・アズナブルも名セリフを多く残しています。

第1話:V作戦を知って
「私もよくよく運のない男だな」
そして、この後にザクを破壊されて引き上げるのですが、その時に「認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを・・・」と言っています。
19歳が言う言葉ではないですよね。当時の19歳はこれほど、大人に見えていたのでしょうか?ここから、アムロとシャアの因縁が始まります。

第2話:ガンダムのビームライフルに対して
「当たらなければどうということはない!」
当たらない自信があるから、この言葉が出るんですね。これは日常でも使えそうです。

第12話:ガルマの国葬でギレンの「ガルマは死んだ!なぜだ?」の演説に対して
「坊やだからさ」
ちなみに、19歳も一応は未成年なんで坊やなんですけど、酒とか飲んでた気がする…ちなみに、誰かが「なんで〇〇なんだ!!」って、言ったので、すかさず「坊やだからさ」って言ったら、スルーされました。

第34話:ホワイトベースとコンスコン部隊の戦いをTVで見物している時
「ようく見ておくのだな。 実戦というのはドラマのように格好の良いものではない」
やはり少年向けのアニメで使うセリフじゃないですね。言っている事は正しいと思いますけど。

アニメ観るなら<U-NEXT>

40歳代の男性は、大体がガンダム世代です。僕はDVDで観ました。その後のシリーズとは違うと言うか、全く別物だという意味が観ると理解できます。このアニメが古い時代の知恵を感じさせる内容です。今みたいな綺麗な画面で迫力ある戦闘を繰り広げるアニメは小手先のテクニックを使ったアニメという感じで、このアニメはなんか人間臭いというか、モビルスーツ同士の戦闘と言うよりもモビルスーツを使った戦争の物語という感じですね、人間ドラマをメインとしたアニメのような感じです。そこにうまくロボットが調和しているので、カップヌードルのカレー味みたいな感じです。

カレーも美味い。ラーメンも美味い。でも単純に二つを合わせても美味しくはならないけれど、カップヌードルのカレー味はそれをやっています。現在は美味しいカレーラーメンが沢山ありますが、どれもやがて飽きが来ます。でもカレーヌードルは人によりますが、僕は飽きません。

カレーヌードルを力説しましたが、ガンダムに影響を受けたクリエイターや何故かヴィジュアル系アーティストは沢山います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました