マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

カッコいいと言えばこのアーティストだった・河村隆一

音楽

河村 隆一さん

一番最初に音楽に興味を持つきっかけになったアーティストです。「Glass」という曲を聴き、それがきっかけで「LUNA-SEA」の名曲の数々を聴かせてもらいました。再結成した今は好きですが、再結成する事には反対でした。
人気が絶頂の時に解散して、ある意味伝説的なアーティストだったので、そのまま伝説で終わって欲しかったです。ですが、僕ごときがあがいても再結成はしますし、やっぱりカッコいいし、技術的にもさらに磨きが掛かっているし、結局はダウンロードしちゃうんですよね。

で、話がずれました。河村 隆一さんですが、僕が中学生の頃は、カッコいい男==河村隆一さんみたいな感じでした。
見た目だけじゃなくて、自分が自信を持っている部分に関してナルシストな部分や堂々としている所です。ダウンタウンの二人やタモリさんにたいしても、堂々としていました。(無礼なわけではありませんよ。)

前にジャングルTVに出演していた時に、「蕎麦」について熱く話していました。なんか貴重な瞬間を目撃したみたいでした。

ネットで見つけたエピソード(ウィキペディア)

UNA SEAには5人のメンバーの中で最後に加入している。

高校二年で中退し、17歳の時上京。アパートを借りることができず、友人の家を転々としながら、アルバイトとバンド活動をしていた。

町田のライブハウスでLUNA SEA(当時LUNACY)に出会い、バンド解散とLUNA SEAのボーカル脱退に伴い加入した。

腕の刺青をレーザー手術で消しているが消し切れておらず、このため、メディアに登場する時は必ず長袖を着用している。

幼い頃から西城秀樹のファンであり、彼に影響を受けていることを公言していた。西城とは自身ソロ歌手で初出場の『NHK紅白歌合戦』(1997年)での競演後から親交があり、彼の影響で最近はゴルフにも興味を持ち始めている。
しかし西城は2018年5月16日に63歳で病死。河村は「紅白歌合戦の楽屋で、ソワソワしていた時気さくに声を掛けてくれたのが秀樹さんで、そのお陰で心が安らぎました。それからはずっと兄貴のように慕っていました」と懐古。西城の出身地・広島県へのライブに向かう途中に訃報を聞き、「丁度虫が知らせるじゃないんですが、その1・2週間前からよく友人と秀樹さんの話になったんですよね…」と寂しげに語っていた。

T.M.Revolutionの西川貴教とは、同い年の同期で、インディーズ時代からの知り合いである。

2006年5月24日発売のカヴァーアルバム『evergreen 〜あなたの忘れ物〜』でオフコースの「YES-YES-YES」を取り上げているが、河村は2006年5月13日発売の『CDでーた』で、「純粋に小田和正さんの声が素晴らしいと感じた」と話している。また、同年5月18日配布のフリーペーパー『R25』で、「音楽に携わるものとしての自我に目覚めた」と語っている。

LUNA SEAのインディーズ時代は数々のアルバイトをしていた。2006年5月6日発売の『音楽と人』で「せっかくアルバイトが決まっても、週6日リハーサルで1日ライブっていう生活をしていたからすぐにクビになっちゃった。」と語っている。また、2008年1月22日放送の『徹子の部屋』では「アルバイトではいろいろな体験をした。アイスクリーム工場で零下30度の中、本当は1時間ごとに休憩しなければいけないところ、5時間もぶっ通しで作業をしていたこともある。仕事を終えてリハーサルに向かう車では、体中の関節という関節が固く、解凍されるものの気持ちがわかった。」と語っている。その他、ヘーベルハウスの建築現場でのアルバイトを「求人広告には軽作業と書いてあったのに、この世のものとは思えないほど重いものを運ばされた。」と回想していた。また、同番組内では今後の自分の音楽の方向性として「今までは、人生の中で両極端の幸せや辛さを歌うことが多かったが、なんでもない日常の幸福などを歌っていきたい。」と話している。これはTourbillonの「もう一度君に」リリース時のインタビューでも語っており、「結婚してから、歌いたい物の方向性が変わった」と話している。

2013年参院選においては、鈴木寛の推薦人となっている。

LUNA SEAがREBOOT以降、偶にLUNA SEAのライブでギターを演奏するようになった。

発売されたシングル(ウィキペディア)

I love you (1997年2月21日)
この曲の時はそれほど、音楽にすら興味ありませんでした。

Glass(1997年4月23日)
この曲で音楽に目覚めたと言うか、この曲がきっかけと言いますか。

BEAT(1997年7月18日)
SAY A LITTLE PLAYERも歌ってますよね。

Love is…(1997年10月15日)
この曲の後に、LUNA-SEAとして復活したんですよね。ミュージックステーションを友達と食い入るようにみていました。

一度、LUNA-SEAは解散します。

Ne(2001年4月25日)

静かな夜は二人でいよう(2001年6月21日)

ジュリア(2001年8月22日)とにかく、格好悪いPVをつくりたかったそうです。

君の前でピアノを弾こう(2001年10月24日)

恋をしようよ(2001年11月21日)

Sugar Lady(2002年4月24日)

F114B(2003年、ファンクラブ限定)

SPOON/Missing you(2004年3月3日)

誰の為でもなく君に…(2007年4月18日)

Once Again(2007年10月31日)

ヒロイン(2009年2月4日)

Brilliant Stars (2009年9月30日)

抱きしめて(2010年1月20日)

YO GA YONARA…(2011年7月20日)

七色(2013年5月29日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました