マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

ヴィジュアル系四天王・MALICE MIZER

音楽

MALICE-MIZERGACKTさんが昔所属していたロックバンドです。バンド名の由来は「悪意と悲劇」という意味を持つフランス語だそうです。ほぼ同時期にメジャーデビューをしていたSHAZNAFANATIC◇CRISISLa’cryma Christiと共に「ヴィジュアル系四天王」とされていたようです。個性的な見た目というよりも、独創的な見た目です。彼らに憧れて、似たような恰好をするロックバンドもいましたが、クオリティが低いと言うか、キャラを徹底させていないのが露呈して、結局は世間から、あまり認識されないままでいつの間にか消えてしまいました。現在のゴスロリと呼ばれる、「エレガントゴシックロリータ」はリーダーのMANAさんがやっていたファッションを真似たことからはじまりました。

メンバー(ウィキペディア)

Klaha(クラハ) – 3代目ヴォーカル(Klahaとしてソロ活動を始めたが消息不明)
Mana(マナ) – リーダー ギター&シンセサイザー 女形(現在、Moi dix Mois(モワ ディス モワ)として活動中)
Közi(コウジ) – ギター&シンセサイザー(現在、ZIZとして活動中)
Yu~ki(ユウキ) – ベース
Kami(カミ、旧名:右狂(ウキョウ/神村右狂)、1999年6月21日に急逝) – ドラム&パーカッション 加入前はKneuklid Romanceに所属していた。

過去に在籍したメンバー
TETSU(テツ) – 初代ヴォーカル (MALICE MIZER→MEGA8BALL→ZIGZO→nil) 脱退以降は本名の高野哲名義での活動となり、2012年より、ZIGZOとしての活動を再開している。ヴィジュアルも脱退後はほぼノーメイクとなっている。
Gackt(ガクト、神威楽斗) 2代目ヴォーカル&ピアノ 現在はソロ歌手、俳優、声優として活動中。
GAZ(ガズ) – ドラム  脱退後Kneuklid Romanceに加入、その後脱退するが2009年、2011年、2012年のKneuklid Romance復活時に参加。過去はDOVERMANとして活動中。2017年12月22日他界、癌による[6]。

サポートメンバー
愁(シュウ)酒井愁 – ドラム

発売されたシングル(ウィキペディア)

1st
1997年7月19日(初回盤)
1997年8月6日(通常盤)
ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜
オルゴールのような音で曲がはじまりますが、思ったよりもずっとロックなサウンドです。後半のサビが一つキーがあがるのか、その時のGacktさんの声がカッコ良いです。

2nd
1997年12月3日
au revoir
初回クリスタルカードケース・ポストカード付
PVのGacktさんが、同じ日本人とは思えないような美しさです。

3rd
1998年2月11日
月下の夜想曲
初回特殊紙仕様
一つの物語を曲にしたような内容で、ライブでの曲の振り付けが踊りのようで、皆さん踊りが綺麗でした。中学生の頃は良く踊りを真似しました。

4th
1998年5月20日
ILLUMINATI
初回ミラージャケット
アルバムからシングルカットされています。アルバムの時からカッコいいと思っていました。

5th
1998年9月30日
Le ciel 〜空白の彼方へ〜
初回限定スペシャルワイド・ジャケット
Gacktさんが参加した最後の名曲です。PVのGacktさんのタキシード姿はファンにはたまらないんではないでしょうか?

メンバーチェンジ後
1st
1999年11月3日
再会の血と薔薇
マキシシングル

2nd
2000年5月31日
虚無の中での遊戯

3rd
2000年7月26日
白い肌に狂う愛と哀しみの輪舞

4th
2001年5月30日
Gardenia
初回スリーブケース・ステッカー付
5th
2001年6月21日
Beast of Blood

6th
2001年10月30日
真夜中に交わした約束~薔薇の婚礼~
DVD付き

7th
2001年11月30日
Garnet~禁断の園へ~

個人の意見

Gacktさんが加入してから飛躍的にバンドとしての成績を残し、メジャーデビューしました。クラシックと融合した音楽や、独特な見た目は見事です。「MANA様」あっぱれです。ちなみに、Gacktさん以外のヴォーカルの方の音楽も聴きました、悪いとは思いません、ですが、MANAさんの音楽を表現する事に最適とも言えるのはGacktさんです。見た目とは裏腹に地上波での音楽番組出演はあまり無かったのですが、なぜか一方で笑っていいとも!のテレフォンショッキングやハンマープライスなどバラエティ番組にも出演しています。普通は逆の感じがしますが、ちなみにMALICE-MIZERがに出演するという情報を得た時は録画しながら、友達と集まって観ていました。「月下の夜想曲」の踊りを一通り覚えたのですが、カラオケで誰がどのパートを踊るかで揉めて、結局は歌っている人がメインで、月下の夜想曲はそれぞれが、Gacktさんのパートを踊りたいので3回くらい回しました。

豆知識

脱退した初代ヴォーカルのTETSUさんがヴォーカルをしているロックバンド、ZIGZOL’Arc~en~Cielの二代目ドラムであるSAKURAさんがやっています。それだけではないのですがね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました