マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

マイカースポンサー




マイカー(一般自動車)を広告媒体とする、日本初*のシステムサービスです。 (広告効果評価システム*2019 年 2 月特許取得済み) リアガラスに広告主の提供ステッカーを貼るという、今までにない広告媒体です。 ステッカーはウェブサイトから選んで申請します。
クルマに乗る人も企業もハッピーに【マイカースポンサー】

謎が多い人物(2019年4月までのシングルや軌跡)・GACKT

音楽

どんな人

1995年10月~1999年1月まで、MALICE MIZER(マリスミゼル)の2代目のヴォーカルとして活躍します。

1999年1月にMALICE MIZERを脱退した後にソロ活動を始めます。2001年から、4回連続で紅白歌合戦に出場します。NHKでは、密着取材の特別番組が組まれたりNHKとの結びつきが強いみたいです。2007年にはNHK大河ドラマ「風林火山」上杉謙信役で出演しました。第58回NHK紅白歌合戦で巨額な費用を全額自己負担で投じて、「風林火山」にちなんだ演出をしています。

「機動戦士ガンダム」の熱烈なファンでラジオ番組のパーソナリティを務めていた頃は、番組中でよく台詞を口にしていたようです。「坊やだからさ」とかですかね。真相は知りませんけど。ちなみに、GACKTさんは「ガンダムファースト」を好み、その後のガンダムは商業主義の副産物と言い切っていました。つまりは、ガンダムエリートってやつですかね。

いつもサングラスをしているイメージかもしれません。その理由は目の光を調整するための機能が通常よりも弱いためだとか。強い日差しの下だと何も見えなくなるほどだそうですが、軽い感じでブログマガジンでは明かしていました。

そして、有名ですがパーフェクトボディをキープすべく、毎日トレーニングを行っているのと、炭水化物を抑えた食事を一日に一度、専属のシェフが調理したものをコースで食べているそうです。

発表されたシングル(Wikipedia/ウィキペディア・より)

1999年6月30日 「Mizerable」バンド時代から、好きだったのでソロで活動して貰えて嬉しかったです。憶測ですがジャケットで持っている煙草の銘柄は「Joker」じゃないかなと

1999年8月11日 「Vanilla」今までとは全く違う音の使い方で、新しいGACKTさんの世界を観た気がしました。マリスミゼルの世界観のGACKTさんしか知らなかったので衝撃的でした。

2000年2月9日 「Mirror」ラジオをつけると良く聴こえました。九州FMです。

2000年2月16日 「OASIS」曲のイメージと映像のイメージがぴったりです。

2000年3月8日 「鶺鴒~seki-rey~」この曲が出た時は寒かった事しか記憶にないです。

2000年8月30日 「再会~Story~」当時は忙しかったのでよく覚えていません

2000年11月11日 「Secret Garden」

2001年3月14日 「君のためにできること」「うたばん」に出演していてカレーについて熱く話をしていました。この時、GACKTさんの食に対する強いこだわりみたいなものを知った気がします。

2001年9月5日 「ANOTHER WORD」僕の声が低いってだけで、モノマネを練習させられましたが、もちろん似てなかったです。

2001年12月16日 「12月のLove song」

2002年4月24日 「忘れないから」

2002年11月27日 「12月のLove song/December Love」

2003年3月19日 「君が追いかけた夢」

2003年6月11日 「月の詩」

2003年6月25日 「Lu:na/OASIS」

2003年11月12日 「Last Song」

2003年12月3日 「12月のLove song/十二月的情歌」

2004年10月27日 「君に逢いたくて」

2004年12月8日 「12月のLove song/December Love」

2005年1月26日 「ありったけの愛で」

2005年4月27日 「BLACK STONE」

2005年5月25日 「Metamorphoze~メタモルフォーゼ~」

2005年8月10日 「届カナイ愛ト知ッテイタノニ抑エキレズニ愛シ続ケタ…」昼ドラの「契約結婚」のオープニングでしたね。MVが曲を凄くよく表しています。1回目よりも2回目の方がストーリーが理解しやすいです。

2006年1月25日 「REDENPTION」

2006年3月1日 「Love Letter」

2007年2月7日 「野に咲く花のように」

2007年6月20日 「RETURNER~闇の終焉~」

2008年11月26日 「Jesus」

2009年1月21日 「GHOST」

2009年3月25日 「Journey through the Decede」

2009年6月10日 「小悪魔ヘヴン」

2009年6月17日 「Faraway~星に願いを~」

2009年6月24日 「LOST ANGELS」

2009年7月1日 「Flower」

2009年8月11日 「The Next Decade」

2009年12月9日 「雪月花-The end of silence-/斬~ZAN~」

2010年1月1日 「Stay the Ride Alive」

2010年7月28日 「EVER」

2011年7月13日 「Episode.0」

2011年11月30日 「Graffiti」

2012年2月22日 「UNTIL THE LAST DAY」

2012年10月10日 「白露-HAKURO-」

2012年12月19日 「WHITE LOVERS-幸せなトキ-」

2014年2月12日 「P.S. I LOVE U」

2014年10月1日 「朧月夜-DAY BREAKERS-」

2015年10月7日 「ARROW」

2016年11月23日 「キミだけのボクでいるから」

2017年3月22日 「罪の継承~ORIGINAL SIN~」

NHK紅白歌合戦

2001年 平成13年 「ANOTHER WORLD」

2002年 平成14年 「12月のLove song」

2003年 平成15年 「Last Song」

2004年 平成16年 「君に逢いたくて」

2007年 平成19年 「RETURNER~闇の終焉~」

これに加えて、オリジナルアルバムやベストアルバム・企画アルバム・映像作品などを多数発表されています。

俳優業(Wikipedia/ウィキペディア・より)

「生放送はとまらない」(2003年)

田中直樹さん(ココリコ)主演でテレビ朝日系列で放送されたスペシャルドラマに、ミュージックスタジアムという生放送の音楽番組の舞台裏での奮闘を描いた番組で、ミュージックスタジアムにゲスト出演する本人役として出演しています。

「風林火山」(2007年)

武田信玄の話ではなく、その軍師の山本勘助の生涯を描いた作品です。この作品でGACKTさんは上杉正虎(上杉謙信)を演じています。

「MR.BRAIN」(2009年)

木村拓哉さん主演の連続ドラマで、元ホストの九十九龍介が様々な難事件を解決するというミステリー作品です。このドラマの第2話のゲスト出演をしていて、独特の空気感が漂う快楽殺人者の死刑囚を演じています。

「テンペスト」(2011年)

19世紀末の琉球王朝が舞台の池上栄一原作の小説をドラマ化した時代劇です。主演は仲間由紀恵さん、その他、沖縄出身の俳優が数多く出演しています。この時GACKTさんは清国の宦官役。知性と情報力を兼ね備えている一方で、無類の女好きと有名で最低な人格の悪役を演じています。

「戦国BASARA-MOONLIGT PARTY-」(2012年)

大ヒットゲーム戦国BASARAの初の実写ドラマ作品として放送されました。伊達政宗を演じる林遣都さんと真田幸村を演じる武田航平さんのW主演作品です。この作品でGACKTさんは魔王・織田信長役で出演しています。物語には欠かせない織田家の当主役を見事に演じられていて、この作品で民放の連続ドラマにレギュラー出演が初となります。さらにエンディングテーマも担当しました。

「悪夢ちゃん」(2012年)

小学校教師の北川景子さんが演じる竹戸井彩未と、不思議な予知能力を持つ「悪夢ちゃん」との夢を題材にしている学園ドラマです。この作品でGACKTさんは、夢について研究する夢研究分室准教授の志岐貴役を演じました。この作品は金曜ロードSHOW!でスペシャルドラマが放送された後、映画化もされました。GACKTさんはすべてのシリーズに出演して、一人二役をえんじています。

「ガルーダの騎士ビマ」(2013年)

インドネシアで放送されていた特撮ドラマのようです。GACKTさんはゲスト出演していて、日本ではなかなか見られないヒーロー姿を見られる作品です。

「タイムスパイラル」(2014年)

黒木メイサさん主演で、一般人が小説を投稿できるウェブサイト「Berr’s Cafe」から生まれた作品で、この作品でGACKTさんは大学で物理学を研究している主人公奈月の研究室に、突如助手としてあらわれた謎の人物を演じています。

他にも映画俳優や声優もされていますし、ゲームのキャラクターのモデルとなり、そのキャラクターの声優をされるなど才能を多岐にわたって発揮されています。

低音の魅力

GACKTさんのライブ映像をみて思ったのは、歌の上手いや下手は、高音がだせるとは関係ないんだなと思います。GACKTさんの声はそれこそハイトーンボイスとは言えませんし、カラオケもキーコントロールしなくても原曲だったりします。女性からすると昔のGACKTさんは低音すぎて歌えないとか言ってました。低音の魅力って奴ですね。確かにGACKTさんの曲はカラオケで歌いやすい。まだそれほど、GACKTさんが有名じゃなかった頃は、カラオケで歌っても、誰これ?って言われてました。歌手としてよりも俳優として知っている人も結構いましたが、GACKTさんの本業は歌手です。今みたいにお金持ちになる前から、グルメな方で、肉をワインにつけこんでカレーを作ったりしていたようです。昔は(20年くらい前)今みたいなお金持ちの話の内容ではなかったのですが、何時から何でしょうか?良い音楽を聴ければ何でも良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました