これから先の話です。この値段はとてつもなく跳ね上がります。

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)

同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。

この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。

この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、

月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

━━━━━━━━ 月の土地 ━━━━━━━
月の土地が買えるサイト
あなたも月のオーナーになれます。
1エーカー(約1200坪)2700円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

意外と芸能界や世界的な有名人も購入しています。一般人が購入してはいけないという事もありません。

でも、こんな安い値段の土地が将来的に価値が上がって数億円になるかもしれないなんて、信用できないかもしれませんが、東京も第二次世界大戦の後で焼け野原になり、安い値段で手に入れた土地が、現在はとんでもない金額になったりしています。

渋谷駅の近くに昔400万円で買った土地が、今は3億円に跳ね上がっています。

月の土地も同じです。誰もが知らない今だから、こんな値段で買えるかもしれません。もしかしたら、5年後くらいには桁が一つ増えているかもしれません。

日本でも、もちろん世界中で月への移住計画を考えています。その案はほぼ固まっているそうですから、自分達よりも何世代か後には宇宙生まれの人間が誕生するでしょう。

月の土地が買えるってほんと?!「月の土地」1エーカー2700円

気になるのは購入した後の維持費や管理などですが、一切必要ありません。名義変更などは手続きなんかが必要となってくるでしょうけど。

本当に違法ではないか?ですが、まったくもって合法ですし、仮に違法だったとしたら、堂々とこんなサイトを掲げたりはしません。購入した後に権利書などが届くので本当に土地を持つ事ができます。

誕生日プレゼントで月の土地って、お洒落過ぎませんか?娘や息子が生まれた記念にプレゼントで月の土地をプレゼントなんてのも良いですね。大人になったら知らされるんです。あそこはお前の土地だと。

確実に値段が跳ね上がるかどうかは購入した場所に何が出来るかにもよります。月の土地が跳ね上がるのはもしかしたら、そう遠くない未来かもしれません。

クリスマスに「月の土地」をプレゼント

━━━━━━━ 「月の土地」 ━━━━━━

 「月の土地」が買えるってご存知ですか?

 約1200坪が、2700円で買えます。

 ユニークな贈り物としても好評です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投稿日:

Copyright© じゅ~く、ぼっくす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.